本日、待望のiPhone SEが発表されました。


そこで使い勝手やプランの決め方をご紹介させていただきます。





使い勝手はどうなの?

公式発表前から様々な情報が飛び交ってましたが、サイズは4インチになりました。

今回のiPhoneで最も大きな変化はこのサイズの変更でしょう。

人によってはこれだけで機種変更するだけの価値はあります。


では、具体的にどんな人にオススメかと申しますと、このような方々です。

  • 片手でスマホの操作をしたい人。
  • 営業さんなど、外で電話をする機会が多い人。
  • ポケットにしまいたい人。
  • 手が小さい人。
  • 指が短い人。



  • 逆にどんな人にはオススメできないかと申しますと、このような方々です。

  • 両手でスマホを操作したい人。
  • でかい画面で動画を見たり、ゲームをしたい人。



  • 必ずしも当てはまるものとは限りませんが、今の利用方法で満足されている人はよく考えてから機種変更をしましょう。




    キャリアとプラン選びは慎重に

    Docomo、Softbank、auの何れのキャリアも独自のプランを設けています。

    ご家庭に25歳以下の人がいらっしゃるご家庭ですと各キャリアで更に変わります。

    25歳以下であれば園児でも問題ありません。

    最近ではどこのキャリアも見積を出してくれるので遠慮なく見積を出してもらいましょう。


    今回のiPhone SEは16GBと64GBの2タイプの容量が用意されていますが、もちろん価格も違います。

    キャリアにより、異なりますが約12,000円ほど変わります。

    ここで注意してほしいポイントがあります。

    全員が全員、そうだというわけではありませんが、プランなどよくわからないという理由で携帯ショップの店員さんに全てを任せると高い価格の方の64GBで話を進められます。

    これはお店の人に悪意があるわけではありませんが、将来必要になるかもしれないから約12,000円の違いならば、1年間で考えると
    1ヶ月わずか1,000円負担が増えることで容量は4倍の64GBになるので大きい方が良いという接客を受けられた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

    私もプロですのでお店の人の対応もわからなくはありませんが、はっきりと申し上げます。

    頻繁にカメラやムービーをiPhone SEで撮るという人以外は16GBで十分です。


    先程の接客での話し方をそのまま利用させていただきますと、例え1ヶ月1,000円でも総額は12,000円です。

    使わないものに12,000円も支払うのであれば、おいしいものでも食べてください。


    必要になるかもしれないと迷われているうちは使い方を覚えて、使いこなすまでにあっという間に1,2年は過ぎてしまい、容量が困るまでには至りません。


    つまり、次回、機種変更をされる時に容量を増やせば良いのです。


    さらに、iPhoneの一番良いところはiOSというiPhoneの土台となっているシステムが全機種共通なので機種変更をしても使い勝手が変わることはありません。

    将来、iPhone7やiPhone8が発売されても使い勝手は変わらないということです。


    イメージがしにくい話なのでパソコンでお話をしますと、NECのWindows7でも、富士通のWindows7でも同じWindows7なので使い方は全く同じですよね。

    iPhoneの場合はこれと考え方は全く同じです。

    これがAndroidとiPhoneとの大きな違いでiPhoneが人気である理由の1つです。


    少し話がそれましたが、結論を申しますと使う「かも」しれないというレベルであれば安い方の16GBにして問題ありません。


    逆にカメラやムービー以外でも64GBが必要である、と具体的なイメージができている人は間違いなく64GBにされた方が良いです。



    iPhone SEに機種変更をご検討されている方は改めて普段どういう使い方をしているのか考えてみてください。

    その上で必要なものに優先順位を付けて考えてみると、譲れない部分と割り切れる部分が明確になるので思った以上にスムーズに判断できます。


    良いiPhone選びの参考になれば幸いです。