いよいよ本日、iPhone SEが発売されました。


近所の携帯ショップを一通り見てきましたが、iPhone SEの契約で駐車場はいっぱいでした。


さすが、iPhone SEです。すごい人気です。


そこで今回はiPhone SEの発売に合わせてフィルムの貼り方のコツをご紹介していきます。


気泡が入ってしまったり、ホコリなどゴミが入って苦労された経験がある方は参考にしてください。





iPhone SEのフィルムを貼る前にすること

最近のフィルムですと、新品のクリーナーが付属されております。


この新品のクリーナーは全くホコリが付いていないのでまずはiPhone SEの画面をキレイにしてください。


付属のクリーナー以外のものでは絶対に画面を拭かないでください。


逆にホコリが付いてしまい、フィルムを貼る際に苦労されることになります。


ティッシュなど絶対NGです。



iPhone SEのフィルムを貼る作業場所

iPhone SEのフィルムをキレイに貼る上で一番の大敵は「ホコリ」です。


もちろん、一番の理想はホコリがない場所で作業をすることです。


しかし、実際問題そんな環境を作ることはほぼ不可能です。


そこでiPhone SEのフィルムを貼る際は適度に湿気があり、ホコリが舞わないお風呂場で作業をすることがオススメです。


フィルムを貼る手にホコリがついていても意味がないので手洗いも必ず行ってください。



iPhone SEのフィルムの貼り方のコツ

フィルムの貼り方で気を付けることは位置だけです。


上部のカメラと下部のホームボタンを合わせるように貼ると簡単にできます。


フィルムを貼る際に手が震えてしまってキレイに貼れない場合は裏技としてカッターナイフなどの薄いものを使用すると位置を合わせることができます。


もちろん切るわけではなくナイフの上にフィルムの端を乗せて反対側を手で持ちます。


先に手で持っているほうの位置を合わせた後、コンパスの要領でカッターナイフの方を左右に動かし微調整を行います。


画面はフィルムを貼る前ですので、くれぐれも傷を付けないように気を付けて作業を行ってください。


不安がある場合はカッターナイフ以外でも薄くてホコリがキレイに拭き取れるものであればなんでも応用できますので、代用品を用意しましょう。




オススメのiPhone SEフィルム ベスト3位

ケースの画像をクリックすると楽天にアクセスできます。

3位 ホビナビ

気泡が貼りにくいフィルムですので、初めてフィルムを貼る方にも簡単に貼ることができますので、お値段共にオススメできます。

2位 TeddyShop

指紋が付かない、気泡が入らない、ナイフでも傷がつかない、非常に強力なガラスフィルムが激安で手に入ります。


フィルムに付加価値を求めない方は迷う必要なく買いで良いでしょう。

1位 gift&present

指紋、気泡、傷防止はもちろんのこと、意外と気になる透過率も高く、元の画質を損なうことなくiPhone SEを使用することができます。


飛散防止もあるので、ガラスフィルムが割れてしまっても飛び散ることがありません。


実は私も過去に2度落下による破損を体験しておりますが、何れもガラスフィルムのみ破損しており、本体は無事でした。


その時、飛散防止があったためフィルムが飛び散ることもなく買い換えるだけで済んだという実体験から1位にさせていただきました。

おわりに

大事なiPhone SEです。


外形はケースで保護できますが、一番繊細な液晶部分こそすぐに用意するべきです。


普段焦らせるようなことは書かないようにしているのですが、割れてからでは遅いです。


価格も決して高いものではないのでケースだけでフィルムを貼っていない場合は大至急用意しましょう。