2016年始の時点で日本国内シェア50.3%を記録した最も人気のあるiPhoneですが、今回はそんなiPhoneを更に便利にするApple Watchについてご紹介します。



Apple Watchについては初代が既に発売されておりますので、よく使われる機能をベースに現在開発中のApple Watch2について予想をしていきましょう。





Apple Watchとは

外見は腕時計です。


もちろん、ただの腕時計ではありません。


お手持ちのiPhoneと連携して電話を受けたり、受けた電話をかけ直したり、SMSのチェック、各種通知のチェックがiPhoneを確認せずに腕時計だけで確認できるようになります。


さらに、腕脈拍、心拍センサーを搭載しており、運動量や消費カロリーを測ったり、地図を表示させたりすることも可能です。


いちいち、バックやポケットからiPhoneを出して確認する手間がApple Watchを見るだけで出来てしまうのですから、バッテリーの心配がなければ、一度手にしたら手放せないほど便利なものであることは間違いありません。



Apple Watchは3種類されており、防水スタンダードの「Apple Watch」
スポーツをする人に向いている汗に強いバージョンの「Apple Watch Sport」
18金を使用したゴールドの仕上げで気品あふれる「Apple Watch Edition」
が用意されております。




Apple Watch2の発売日予想

例年iPhoneが秋に発売されております。


ネームバリューを考えると当然Apple Watch2よりもiPhoneのほうが圧倒的に上です。


そんなiPhoneだからこそ、世界中から注目されているタイミングでiPhoneのパートナーとしてApple Watch2を発売することができれば便乗効果でこれ以上にない宣伝にもなるというものです。


よって、iPhone7が発売されるであろう時期に合わせるとしてApple Watch2は2016年9月中旬になると予想します。




Apple Watch2の価格予想

まず、初代Apple Watchの価格を見ていきましょう。


初代Apple Watchには38mmのケースと42mmのケースの2種類がありますのでそれぞれの価格を見ていきます。



Apple Watch
38mm版:66,800円(税別)
42mm版:71,800円(税別)


Apple Watch Sport
38mm版:42,800円(税別)
42mm版:48,800円(税別)


Apple Watch Edition
38mm版:1,280,000円(税別)
42mm版:1,480,000円(税別)



Apple Watchは選ぶバンドによっても価格は大きく変わります。


上記の価格は全て初期の標準価格です。


2016年4月現在は値引きをされておりますが、Apple Watch2の予想価格を出す上で値引き後の価格を出しても意味がないので初期の価格を
ベースに進めていきます。


使う素材が同じであればApple Watch2も初代と同額になると言わざるを得ませんが、iPhone 5cの時のパターンを考えるとプラスチック素材やアルミニウムを使った低価格帯のモデルが発売されることも大いに予想されます。


Apple Watchはもう少し安くならないのか、という評価も多かったのでさすがにここは改善してくるでしょう。


プラスチック素材やアルミニウムの低価格帯が登場するとなると下は3万円台から上は200万円越えという初代を大きく上回る幅となることが予想できます。


これはiPhone 5cとiphone 5sの当初の価格差を参考にApple Watchでの予想を立てております。




Apple Watch2新機能は?

初代Apple Watchは「通知」が主な機能でした。


Apple Watch2でも軸を変えずに発売してしまえば、世界中から期待ハズレだと言われることは明白です。


そこでiPhoneへの依存率が高かった初代Apple Watchの改善策としてApple Watch2では「独立」をさせてくるでしょう。


つまり、これまでのiPhoneからの通知はもちろんのこと、さらにはiPhoneがなくてもある程度のことはApple Watch2側でできてしまうようにするということです。


ここまでしなければ初代Apple WatchからApple Watch2になる必要性が全く感じられません。



そこでいくつか追加機能の予想を挙げていきます。


Apple Watch2へカメラ機能の追加


Apple Watch2だけで写真が撮れるようになる。

最近のiPhoneの傾向として写真に非常に力を入れておりますのでApple Watch2だけで写真が撮れるようになっても不思議ではありません。


Apple Watch2へGPSの追加


Apple Watch2にGPSが入っていればわざわざiPhoneを通さずともApple Watch2だけで地図を使ったりナビができるようになります。

ナビとまでは厳しいかもしれませんが、もしもここまで実現すれば、もはや営業マンには必須アイテムとなりそうです。


防水機能の強化


初代Apple Watchは生活レベルの防水機能はありましたが、そこまでレベルの高いものではなく、さすがにApple Watchを付けたまま海に入ったりすると普通に壊れます。

そこでApple Watch2では水深2mくらいまでは耐えられるように強化してくると予想できます。


バッテリーの強化


初代Apple Watchのバッテリーの持ち時間ははっきり言ってかなり不評でした。

iPhoneに依存する部分が多かっただけに接続中のiPhoneのバッテリーの持ち時間まで大幅に奪っていたのが現実です。

iPhoneへの依存率を減らし、改善してこないはずがありません。

逆に大した改善が見られないようであればどれだけ良い機能が備わっていても購入は見送ったほうが良いと、ここで断言できるほど重要なことです。

よって、高確率でここは強化してくると予想します。




Apple Watch2の世界評価は?

日本国内ではApple製品が好きな人以外からの評価はそれほど高くありません。


日本人の特性でしょうか。

発売前は気にはなるけど、はしゃぐほど期待はしない。
しかし発売後に評価が高ければ買うと考えている人が多いです。


初代のバッテリー問題があまりにも不評だっただけに仕方のない傾向です。



しかし、世界に目を向けると全くの正反対です。


初代Apple Watchをお持ちの方には大変失礼なお話ですが、失敗した部分も多かっただけにApple Watch2では大きな改善が見られるはず。


これまでのiPhoneの歴史から見てもバージョンを重ねるごとにすばらしい進化を遂げてきたのでApple Watch2も期待したい、という声が非常に多く挙がっております。


ここでさらに転んでしまってはAppleブランドとしても評価を大きく下げることになるので注目したいところです。

 

Source:Appleinsider