まだ先の話ですが、最近のモバイル業界には困ったものです。


SoftBankに続いてauもMNP手数料を値上げをしてきました。


auの値上げによりこれで残すところ、MNPの手数料を値上げしていないのはdocomoだけになりました。


では、具体的にauのMNP手数料はどのように変わったのか見ていきましょう。




auのMNP手数料はいくら値上げになったのか



au MNP手数料改定

改定前

改定後
2,000円
3,000円

au 支払証明書発行手数料

改定前

改定後
無料
400円



以上のように改定されました。


auではMNP手数料の値上げ以外に、これまで無料だったのであまり意識されてこなかった支払証明書発行手数料も400円に値上げされました。


これまでもモバイル業界は価格を合わせる傾向が強いですが、やはりと言ったところでauも合わせてきました。


そしてこの流れですといつもdocomoだけ少し安くしてくる傾向にありますね。


docomoも今回は本体価格や利用料金ではないので何もせずに同額に合わせてくる可能性も大いにありますが、少し安くしてくるか、同額にするなら何か付加価値を付けるか、してくるでしょう。




au MNP手数料の値上げはいつから?

改定は5月17日からになります。


5月17日以前にMNPの予約番号を取得しても、MNPの転出契約が成立されたのが5月17日以降の場合はMNP手数料は改定後の3,000円が適用されますので、無駄な出費をしないためにも注意してください。




auのMNP手数料はなぜ値上げしたのか

利用者からしてみたらはっきり言って値下げこそ理由は求めませんが、値上げには理由を求めたくなりますね。


しかし、今回このMNP手数料の値上げにはauからは一切コメントを出しておりません。


そこで手数料という観点から共通の仕事内容であり、先かげてMNP手数料の値上げをしていたsoftbankを見てみましょう。


softbankはこのようにコメントを出しております。



「これまでお客様へのサービスとして各種手数料の一部を弊社負担してまいりましたが、近年の事務対応の増加したので値上げをさせていただきます。」



これを聞いてなんて恩着せがましい、と感じたのは私だけではないでしょう。


一部を負担という真相はともかくとして、auも同じ理由で値上げをしてきたのではないでしょうか。


契約者が多いモバイル業界ですから、10円値下げをしただけでも相当な額になりますし、逆に値上げをしても同様の効果が得られます。


全ての利用者から発生する利用料金と違い、MNP手数料はMNPを行ったときではないと発生しないので、手数料が発生する絶対数が少ないことから1,000円という大幅な値上げ幅だったのではないでしょうか。


キャッシュバックの規制、利用料金の値上げ、乗り換えようにもMNP手数料の値上げと値上げ三昧ですが、これから消費税10%が来ることも考えるとますます明るい未来があるとは思えない状況ですね。


目まぐるしい価格変動が起こっているからこそ、せめて契約を検討しているときは最新の情報はキャッチしておきましょう。

 

Source:Yahoo