待ちに待ったdocomoの夏モデルの発表会です。

本日、4月28日にNTTドコモの加藤薫社長は、決算会見にて5月11日に夏モデル、及び新サービスPREMIUM 4Gの発表会を開催すると予告しました。

夏モデルで出てくるであろう話題で持ちきりだったあのスマホがようやくお披露目となります。

また、合わせて登場することとなったPREMIUM 4Gの新サービスとは、その詳細をお伝えさせていただきます。




docomoの夏モデルとして出てくる話題のスマホとは

現時点ではまだ未発表ですが、高い確率でXperia XシリーズGalaxy S7シリーズをラインアップしてくるでしょう。

iPhone発売前ではdocomoのツートップだったスマホだけにdocomo側も周囲の期待に応えるように夏モデルでは推してくると思われます。

Xperia Xに関しては名称も大きく変更となり、今期夏モデルの中でも特に話題性が集まっております。

Xperia Xについては、下記の記事をご参照ください。

Xperia Xの発売日は?Xperia Z6との関係は?


日本ではiPhoneに負けじと人気の高いAndroidスマホのXperia XとGalaxy S7なだけに期待をせずにいられませんね。


docomoの新サービスPREMIUM 4Gとは

なんと、新サービスPREMIUM 4Gとは下り最大375Mbpsの超高速インターネット回線なのです。

最大375Mbpsですので、実際に利用する際は速度低下はするものの、基が375Mbpsも出るとなると低下しても全く問題なさそうです。

しかし、いきなりPREMIUM 4Gだの、375Mbpsと言われても「???」になってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで簡単ではありますが、普段私たちがスマホでインターネットを利用する際にどれくらいあれば不快なく利用できるのか、まとめてみました。

PREMIUM 4Gは375Mbpsということを前提に置いてご覧ください。
(数字が高いほど早いことを意味します。)

利用方法 回線速度の目安
メール、LINE、その他トークアプリ 0.1Mbps~1Mbps
ホームページ閲覧 0.5Mbps~3Mbps
テレビ視聴 3Mbps~5Mbps
Youtubeなどの動画 1Mbps~3Mbps
高画質動画 3Mbps~5Mbps

ご覧頂きました通り、普通にインターネットをするだけであれば、5Mbpsあれば高画質動画ですら閲覧可能なのです。

このことから考えるとPREMIUM 4Gの375Mbpsが名前負けしないPREMIUMなプランなのです。


docomoのPREMIUM 4Gはいつから?

docomo、下り最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」は6月にサービスが開始されます。


docomo、PREMIUM 4Gの最大375Mbpsのカラクリ

docomoのPREMIUM 4Gは、2GHz帯(下り最大112.5Mbps)+1.7GHz帯(下り最大150Mbps)+800MHz帯(下り最大112.5Mbps)という3波を使用した、キャリアアグリゲーションで下り最大375Mbpsを実現しています。

またTDD-LTEを用いる3.5GHz帯(下り最大110Mbps×2)の利用も開始し、1.7GHz帯(下り最大150Mbps)を加えた3CCAで下り最大370Mbpsのサービスも始める予定になっております。



docomo、夏モデルとPREMIUM 4Gのまとめ

いよいよdocomoの夏モデルが顔を出してきます。

それと合わせてPREMIUM 4Gという超高速インターネットの登場にも驚きを隠せません。

とても無線とは思えないほどスマホのインターネットは進化を果たしてきておりましたが、数字上ではまだ及ばないものの、光回線も射程に入ってきましたね。

更なる進化を果たすスマホですが、こうなるとますますのインターネットの普及に合わせて通信制限が懸念されてきます。

最近では利用料金0円の格安SIMデータプランなどもあるので、PREMIUM 4Gとうまく活用していきたいですね。

 

Source:Yahoo