最近何かと注目度を集めている中国メーカーのHuaweiから新たなスマートフォン「Huawei G9」が発売されます。

そこで今回は日本でもまだHuaweiを知らないという人も多いと思うのでHuawei G9のご紹介をしつつ、中国メーカーのHuaweiがどういうところなのか、合わせてご紹介していきます。




Huaweiとは

冒頭でもお伝えしましたように中国の広東省深セン(シンセン)市に拠点を置く、通信機器メーカーです。

特徴的なのは中国の企業ですが、国営企業ではなく民間企業というところです。

故に幅広い分野で活躍をしており、有線ネットワークから3GやGSMなど移動通信まで、通信機器に関することを扱っており、Huawei製品の販売規模は中国内部のみではなく日本をはじめ、世界中で販売を行っている通信機器メーカーの中でも紛れもない大手になります。

主となる事業は法人向けのネットワーク設備を扱っていますが、スマートフォンの事業も行っており、世界中にHuawei製スマートフォンを取扱うキャリアがあります。


通信機器をわずか1社でこれだけ幅広く取り扱う企業は世界で見ても非常に珍しく、世界中から注目と期待を集めているメーカーと言えます。




Huaweiのネットワーク事業は日本でも展開されている

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、日本でもY!mobile(旧:EMOBILE)が札幌や仙台などのネットワークにHuaweiを採用しております。

携帯事業としてはまだ歴史も浅く、後発組になるためまだ弱い一面も見せますが、ネットワーク事業を起点にスマートフォンの展開も期待されております。




Huaweiのスマートフォンの特徴は

最大の魅力であるのはHuawei製スマートフォンはSIMフリーであるということです。

SIMフリー機で価格が安いため、MVNOの格安SIMとセット販売される例もめずらしくありません。

安価だけど高性能、そしてSIMフリー、これがHuaweiの最大の魅力であり、Huaweiを利用するユーザーからも安いけど使えるから使っているという声も多く挙がっております。

日々進化するHuaweiのスマートフォンには今後も目が離せません。


それでは、Huaweiのご紹介はここまでとして次項からは新作のHuawei G9のご紹介に移ります。

Huawei G9の詳細

Huawei G9は、標準よりやや大きめである5.2インチのディスプレイをしています。

また、3GBのRAMと13MP/8MPのカメラを搭載しております。

HuaweiG9

phot by gizmochina




Huawei G9のまとめ

変わらず、性別年齢を問わず受け入れられるデザインをしているHuaweiのスマートフォンはスペックを上げてより使いやすくなりました。

これまでHuaweiのスマートフォンはSIMフリーとしては安いが、その分割り切った使い方を求められてきましたが、Huawei G9はディスプレイの大きさ、スペック共に何にでも使えそうですね。


SIMフリーの普及は格安SIM業界の後押しともなるので、今後も活躍されることを期待しております。




Source:gizmochina