あなたはスマホのバッテリーやケーブルを誤った使い方で使用していませんか?

今回お届けさせていただく内容はスマホのバッテリーやケーブルを誤った使い方で使うと火災につながる危険性があるというものです。

実際に製品会社から注意するよう拡散されているので当ブログでもご紹介させていただきます。




スマホのバッテリーやケーブルでの事故の実例

注意を促している製品評価技術基盤機構(NITE)によると、2010年度~2014年度までのわずか5年間でスマートフォンやタブレットによる、バッテリーやケーブルなどの事故は239件確認されております。

小規模なものなど、未確認のものもあるので実際にはもっと多くの件数が発生していることでしょう。

事例は物損だけに止まらず、人への被害も発生しており、重傷は5件、軽傷が60件発生しているとのことです。


中でも最も多い事例は、充電用コネクターの事故で、次いで電池パックになっております。

海外では入浴中にスマートフォンの充電を行いながら操作をしていたところ感電死したという事例も多く挙がっております。

大きなニュースになっていないだけでスマートフォン絡みの事故は毎月、20件程度の事故が発生しており、発生しやすい時期は3月~5月にかけて事故が増え、最も多く発生するのは8月になっております。


そして、事故に遭遇された方を年齢別に見ていくと、40代が最も多く、次いで30代、10代の順で事故に合われております。

海外で度々発生する感電による死亡事故の事例は10代が多いです。

間違っても入浴中にスマホの操作は止めましょう。




事故の発生原因は

最も多い事例の充電用コネクターは、端子が曲がったりしていて接触してはならない部分に接触しており、ショートして火花が散ってるというものです。

また、充電コネクターの事故の原因には飲料水や汗など水気のあるものが付着した状態で接触させることにより、ショートして発火する事例もあります。

飲料水など明確なものは注意しますが、気付かないまま汗が付着しており発火する事例が多いです。


ACアダプターの事故原因はコンセントがしっかり挿入されておらず、できたスキマから金属やホコリなどの異物が入り込み、ショートを起こしホコリやケーブルに引火して火災が発生する事例もあります。


ペットを飼っている方ですと、スマホやタブレットをペットが噛んでしまい内臓のバッテリーが変形していることに気付かず、電極がショートして火災につながる事例もあります。

周辺機器の使い方のまとめ

今回挙げた事例に心当たりが少しでもある方は要注意です。

私たち利用者ができる対策としては、次のようなことが挙げられるでしょう。


「水気のあるところではスマホ、及び周辺機器は使わない」

「コンセント周りに溜まったホコリはキレイに掃除する」

「スマホに衝撃を与えない。ペットを放し飼いしている場合はスマホや周辺機器の管理を徹底する」



気付かないうちに火災が発生していて家が燃え広がっていたなんていうことになったらもう後戻りできません。

大きな事故につながる前にスマホのバッテリーやケーブルの使い方を改めて見直す必要がありますね。

 

 

Source:NITE