優介
ドコモがスマホの発売サイクルを1年に1回にするらしいね。
愛奈
昨日の夏モデルの発表会でそのように発表されてたわね。

新しいもの好きの私としてはとても残念な話よ。

優介
明らかに落ち込んでるね…(苦笑)
愛奈
それは落ち込みもするわよ。

ラインナップも去年の夏は12種類だったところが今年は7種類だけよ。

機種がないのなら仕方のない話だけど、Galaxy 7からはedgeタイプしか発売されないとか、Xperia Xは1種類しか発売されないとか、機種はあるのよ。

その上、発売サイクルまで1年に1回になるのだからね…。

優介
発売サイクルの変更はなんでだろうね?

理由が気になるよね。

愛奈
今回の発表会では明確な理由は述べられてないわ。
優介
それじゃ、俺たちで予想してみようよ。
愛奈
おもしろそうね。

いいよ。


ドコモの発売サイクルが1年毎になった理由を予想

今回の発表会でドコモは新機種のラインナップが減ったことについて質問を受けると、次のように回答しております。

「これまでは半年おきに新機種を出してきたが、メーカーと相談してこれからは1年単位で新機種を発表するスタイルに変更する」



優介
これってつまり1年単位に発売する必要が出てきたってこと?
愛奈
そうなるね。

こうは考えられないかな。

不用意に乱発するのではなく主力機種に集中することにした、とかね。

優介
ドコモの主力機種といえば、「Galaxy」、「Xperia」「iPhone」だよね。
愛奈
うん。

その3つの主力機種なんだけど、1年に1回しか新製品がリリースされないのよ。

そこで、これまでのように半年に1回の発売サイクルと比べるとどんなメリットがあると思う?

優介
そうだねぇ…。

俺が考えた限り、発売サイクルを変えるメリットは7つあるね。

優介

  • 多くのユーザーは主力機種が発売されるタイミングでMNPをするから発売サイクルを1年毎にすることで1年間は使ってもらえるようになる。
  • 主力機種の発売時期だけは合わせるようにすることで効率の良い戦いができるようになる。
  • イタズラに新機種に力を入れる必要がない分、経費が大幅に削減できる。
  • 長く使ってもらえるように誘導することで利用料金以外にも保険プランの加入率も上がる。
  • 削減できた経費を品質サービスの向上に割り振り、既存ユーザーが他社に出ないように図ることができる。
  • 販売スタッフも新製品に関する知識は1年1回入れるだけでよくなるため、接客サービスの向上を図ることができる。
  • 総務省の実質0円販売禁止により新機種でユーザーを獲得することが困難なため、戦いにくい戦場は避けることができる。
  • 優介
    こんなところかな。
    愛奈
    うん。合格。

    まとめると効率の良い戦い方ができるのと、サービスに力を入れることができる

    だから1年に1回という発売サイクルに変更した、ということだね。

    優介
    でもさ、これってドコモは方針を変更したと見ていいのかな。
    愛奈
    発売サイクルを変更するなんて方針の変更以外の何者でもないわよ。
    優介
    そうだよね。
    愛奈
    でも、これまでの話は私たちの予想に過ぎない話だから本当のところはもう少し時間が経たないと見えて来ないよね。
    優介
    うん。

    これからのドコモの動向には目が離せないね。

    愛奈
    そうね。