愛莉
あたし、よくiPhone使うからすぐバッテリー切れちゃって大変なんだけどなんとかならない?
優介
モバイルバッテリー持ち歩けばいいんじゃないかな。
愛莉
もちろん持ってるけどモバイルバッテリーってiPhoneとは別に持たないといけないから邪魔じゃない?

それにバッグの中に入れてるとすぐに見つからないしさぁ。

電話とかLINEとかすぐに使いたいときにそれじゃ困るんだよねー。

優介
それって愛莉のバッグが整理されてないだけの問題な気もするんだけど…。

そうだなぁ…。

あと解決するのにはバッテリーの交換くらいしか方法ないよ。

愛莉
そうなんだけど、iPhoneってバッテリーを外せないから交換もできないよね。
優介
いや、1つだけあるぞ!

iPhoneをバッテリー交換式にする裏技がある!

愛莉
それそれー!

そういうのを待ってたのよー!

優介
わかったよ。

それじゃ、今回はiPhoneをバッテリー交換式にする裏技の紹介をしようか。



iPhoneをバッテリー交換式にする裏技「POP」

結論から申しますと、iPhoneをバッテリー交換式にする裏技とは、iPhoneに「POP」というアクセサリーを搭載させることです。


iPhoneをバッテリー交換式にするPOPとは

iPhone_battery_pop01
Photo by Indiegogo



POPはiPhoneに装着することでバッテリー交換式にすることができます。

モバイルバッテリーのイメージからですと、「長いケーブル」、「iPhoneとは別にバッテリーを持つ必要がある」など簡単に言ってしまうと邪魔になることが多いですね。

POPはこのモバイルバッテリーの悪しきイメージを大きく崩すものになっております。


ご覧の通り、POPそのものもスマートな作りになっており、ケーブルも必要最低限の長さしかありませんので邪魔になるどころか、iPhoneと一体化を果たしております。


POPでiPhoneをバッテリー交換式にすると使い勝手はどうなる

iPhone_battery_pop02
Photo by Indiegogo



POPはiPhoneと完全な一体化を果たしており、電話をするときも邪魔になりません。

さらにiPhoneごとポケットに入れて持ち歩くことすらできるのです。



使い勝手はこれまでと何ら変わることなく使用することができます。

iPhoneに装着したPOPのバッテリー交換のやり方は

iPhone_battery_pop03
Photo by Indiegogo



iPhoneに装着したPOPのバッテリー交換はとても簡単です。

私の年代がバレますが、あのゲームボーイをイメージさせるようなデザインです。

バッテリーを挿し込むだけで充電が可能になっており、またバッテリーそのものも大きくないので持ち運びも簡単ですね。


POP対応のバッテリーはiPhoneのものとは違う

iPhone_battery_pop05
Photo by Indiegogo



POPに対応しているバッテリーはSamsung Electronics製「S2」になります。

この大きさなので何枚も持ち歩けるのが良いですね。

これならば用途に応じて次々とバッテリーの交換を行うことができます。


POPはiPhoneに装着したままでもUSBでバッテリーの充電ができる

iPhone_battery_pop04

Photo by Indiegogo



POPはiPhoneに装着したままでもUSBでバッテリーの充電をすることができます。

POPの性質上、外出先で使用することはない機能ですが、家の中でバッテリーの充電をする際には便利な機能です。


POPの対応しているiPhoneは?

利用可能なiPhoneは、「iPhone 5」、「iPhone 5s」、「iPhone 6」、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」の6種類です。


POPのキャンペーン期間

Indiegogoでの目標金額は2万ドルです。

現時点では、約4000ドルの資金を集めており、キャンペーン期間はあと1カ月あります。



iPhoneをバッテリー交換式にする裏技!「POP」のまとめ

とてもスマートなデザインのため、持ち運びにも便利なPOPですが、何よりもiPhoneと一体型で使えるのが最大のメリットでしょう。

iPhoneのヘビーユーザーほどありがたいPOPですが、ライトユーザーでも旅行などで長期外出があるときなどの一時使用でも便利に使えるでしょう。


iPhone唯一の弱点とも言えるバッテリー問題ですが、POPはこの弱点を完全な形で克服させることに成功しています。

実用化され、日本でも販売されることになればモバイルバッテリーのアクセサリー業界に大きな衝撃を走らせることになるでしょう。



Source:Indiegogo