STORMR



あなたは外出時にスマホのバッテリーが切れてひどい思いをした経験はありませんか。

モバイルバッテリーを持ち歩けば良いという意見もありますが、がさばることを理由に嫌がる人も意外と多いのです。


そんな人に朗報なのがスマホのバッテリーを貸し借りができる「STROMR」というアイテムです。

STROMRは2台のスマホやタブレットをつなげてバッテリーをもらうことができるのです。


モバイルバッテリーはちょっと…、という人も短いケーブルであればがさばることもなく、緊急時にしか使用しないことからバッグに入れっぱなしにしても何ら支障がありません。


スマホのバッテリーをもらうSTORMRの使い方

STORMRm
Photo by lifehacker



使い方はとても簡単です。

2台のスマートフォンをケーブルでつなぐだけです。

具体的には「ロゴのない端子を電源供給側に」、「ロゴのある端子を充電側に」つなげばバッテリーの受け渡しが始まります。


STORMR対応スマホ

メーカーがテストを行った環境では、Apple、Samsung、HTC、Motorola、Huaweiの2016年5月現在の最新機種で動作の確認が取れております。


STORMR非対応スマホ



iPhoneとiPadは、電源供給側にはなれません。

また、Wi-Fiモバイルルーターなど、スマートフォンやタブレット以外のガジェットにも対応していません。


そのため、両側の端子がマイクロUSBになっているタイプと、片側がマイクロUSBで、もう片側がiPhoneのLightning端子になっているタイプがありますが、両端ともLightning端子というケーブルは用意されておりません


STORMRのカラーバリエーション

色は、ブラック、レッド、グリーン、パープルの4種類が用意されております。


STORMRの購入方法

日本では未発売です。

購入方法は海外のショッピングサイトを利用する流れになります。



スマホのバッテリーをもらうSTORMRのまとめ

今の時代、スマホのバッテリー切れは大問題ですね。

ナビを利用中にバッテリー切れなどは、よく起こるスマホあるあるの1つです。


そんなときでも普段からスマホのサブ端末やタブレットを持ち歩いている人には誰にも迷惑をかけずに充電することもできますし、電池持ちの良いスマホを利用している人はバッテリーが危ない友人を救うという使い方もいいでしょう。




Source:lifehacker