Apple Store
Photo by reuters



優介
アップルストアといえば他にはない常識を打ち破るような新しいデザインをしていることで有名だよね。

世界レベルで見てもこれだけデザインに力を入れている店舗は早々ないんじゃないかな。

愛奈
それはそうよ。

アップルストアといえば米国では商標権を取得しているほどだからね。

店舗デザインに対する力の入れようは他の追随を許さないほどよ。

優介
マジで…。

アップルストアのデザインは他では見ないと思ったらそういうことなんだ。

愛奈
そんなアップルストアだけど、サンフランシスコのイベントで直営店の新たな店舗デザインを発表したのよ。
優介
こんな話した後だとすごく気になるよ。

今度のはどんなデザインなの?

愛奈
そうね。

それではもう少し詳しく説明していくね。



アップルストアの新デザインが発表

米アップルは19日にサンフランシスコのイベントで直営店「アップルストア」の新デザインを発表しました。


アップルストアの新デザインの方向性

テラゾー床を採用するなど大学のキャンパスをイメージしてデザインされております。

iPhoneなどの通信機器の売り場も改装し、オープンスペースや常時開放する緑のある広場も備えております。

アップルストアはジャンルでいうと電化製品の販売ショップになりますが、新デザインでは大学のキャンパスをベースにすることでこれまでの常識を大きく打ち破るものになっております。


アップルストアの新デザインは米国だけではない

こうした新たなデザインは今後、世界中のアップルストアに取り入れられるということです。

日本のアップルストアの面積はそれほど拾いものではないので全てを再現するのは厳しいかもしれませんが、こうした日本にはない取り組みを入れることで日本企業も新しい風に乗せてほしいものです。



アップルストアの新デザインのまとめ

何事にも言えることですが、他人と同じ行動をしていたら同じ結果しか出ません。

逆を言えば、良し悪しは別として他人と違う行動をすれば違う結果が出るのです。


店舗デザインは誰もが目に触れる部分であり、ブランドのイメージそのものです。

私はApple信者ではありませんが、マーケッターとしてここに着目したAppleはさすがの一言です。


特に日本人はブランドのイメージに影響を受けやすい傾向にあるので、日本のアップルストアでも新デザインが取り入れられることでAppleの評価は変わるでしょう。

あとは、このブランドイメージをどうやって売上につなげるかという点が今後のAppleの課題になりますね。



Source:reuters