correspond_speed



愛莉
よく動画を送ったりするんだけど、遅いんだよねー。

もうちょっとスマホの通信速度はなんとかならないのかな。

愛奈
いつもスマホを眺めていると思ってはいたけど、あなたそんなことをしていたの。

通信制限にかかるわよ。

愛莉
先月から大容量のプランに変更したから通信制限は大丈夫だよ!

でも、通信速度が遅くて困ってるのよ~!

愛奈
そうなのね。

それならあなたに朗報があるわよ。

総務省に申請をしていたキャリアアグリゲーションという技術が通って、8月にも省令改正などの手続きを終える方針になったのよ。

愛莉
え~っと…。

キャリアアグリゲーション…?総務省…?省令改正…?

愛奈
ごめんね。

簡単に言うと通信速度を2倍にする技術の申請が通ったから8月から実用できるように準備に入ったってことよ。

愛莉
それ、すごいじゃ~ん!
愛奈
そうなのよ。

だから今回はキャリアアグリゲーションについて説明していこうかな。



通信速度を速くするキャリアアグリゲーションとは

一言で表現すると、無線通信の高速化技術のことです。

複数の帯域の周波数を用いることで、基地局にかかる負荷を分散させて安定性を追及するものです。

尚、LTEアドバンストで採用されております。


docomoの夏モデルとPREMIUM 4Gの発表会が開催決定!

先日、こちらの記事でご紹介させて頂いた「PREMIUM 4G」もキャリアアグリゲーションになります。


キャリアアグリゲーションで通信速度はどれほど変わるのか

スマートフォンなどの端末の通信速度を送信は最大2倍の速さに、受信は最大1.33倍の速さにすることができます。


キャリアアグリゲーションの実用化はいつ?

総務省の有識者会議で5月24日にキャリアアグリゲーションの新技術の使用を認めており、8月には省令改正などの手続きを終える方針になっております。

その後、docomo,SoftBank,au各キャリアが本格的にサービスを始めるものとなっております。




通信速度を大きく変えるキャリアアグリゲーションのまとめ

キャリアアグリゲーションには対応した端末が必要になるため、各キャリア共に8月以降に対応したスマートフォンなどの端末の発売を開始するものと思われます。

尚、キャリアアグリゲーションの他に「256QAM」という技術の使用も認められているため、受信時の通信速度も最大1.33倍になるものとされておりますので、動画をご覧になる方にも良い技術になります。


各キャリア共に総務省の介入を経てスマホの激安販売を終えており、収支報告では多額の利益を上げているので、今後もこうしたサービス面の強化にコストを割り当てて更なる向上を図ってほしいものです。





source:朝日新聞