Galaxy S7 Active
Photo by VentureBeat



米国で発売が予定されているGalaxy S7 Activeのより詳細なスペック情報がVentureBeatより報道されました。

Galaxy S7 ActiveはGalaxy S7をタフネスにしたモデルとなっております。

これまでのリーク情報からもGalaxy S7 ActiveはこれまでのActiveモデルと同様に外装を変更して、物理的な強化を図っております。

今回の記事では、報道されたGalaxy S7 Activeのスペック情報をお伝えさせていただきます。



Galaxy S7 Activeのスペック詳細

Galaxy S7 Activeのサイズと重量

The design of the S7 Active (pictured above, in black and gold) has not changed much from last year’s Active model. However, its measurements are slightly larger across all three dimensions, including an increased thickness of 9.9 millimeters — over a millimeter thicker than the 8.6-millimeter Galaxy S6 Active.

There’s also been a 15-gram weight gain, from 170 grams to 185 grams.

Galaxy S7 Activeは、8.6mmのGalaxy S6より厚みがあり、9.9mmになっております。

また、重量は185gになっております。


Galaxy S7 Activeのディスプレイ、バッテリー

That increase is likely due to the S7 Active’s significantly larger battery, whose 4000mAh capacity is almost 15 percent greater than the prior model’s 3500mAh pack. However, the bigger dimensions do not house a larger screen, as has been rumored previously about this device; instead, its 5.1-inch, 1440 x 2560-pixel Super AMOLED display is the same as both the Galaxy S7 and Galaxy S6 Active.

Galaxy S7 Activeのディスプレイは5.1 インチで、液晶は2,560×1,400ピクセルのAMOLEDになっております。

また、バッテリーの容量は4,000mAhへと大幅に増えております。


Galaxy S7 Activeのプロセッサ、メモリ、OS

Besides the addition of a microSD slot, most of the S7 Active’s changes occur under the hood. It’s powered by a Snapdragon 820 system-on-chip from Qualcomm, and features 4GB of RAM (1GB more than last year) and 32GB of internal storage. Out of the box, the new Active will run Android 6.0 Marshmallow.

メモリは4GBのRAMを搭載し、内部ストレージは32GBです。

外部メモリにはmicroSDスロットが採用されております。

プロセッサは米国モデルと同じSnapdragon 820になっております。

また、OSはAndroid 6.0になります。




Galaxy S7 Activeのスペック詳細まとめ

Galaxy S7 ActiveはGalaxy S7にバッテリーを4,000mAhにしたようなイメージです。

そして、過去のActiveモデル同様に厚みがあり、打たれ強いGalaxy S7という感じでしょうか。

Galaxy S7 Activeは全体的にまとめますと、バッテリー容量と耐久性を増すために、サイズと重量の増加を許容したモデルになっているようです。




Source:VentureBeat