l_yo_dgne02
Photo by ITmedia




2016年5月24日にY!mobileよりDIGNO Eを6月上旬に発売すると発表がされました。


DIGNO Eの最大のポイントはケースを利用せずにスマートフォン自体に防水・防塵・耐衝撃が備わっているのです。

そのため、うっかり落としても、水に濡れても、汚れても安心な耐久性においては最強のスマートフォンなのです。


この記事では最強の耐久性を誇る、DIGNO Eのスペックの詳細についてお伝えさせていただきます。



DIGNO Eのスペックの詳細


スペック項目 スペック内容
ディスプレイ 5.0インチ
液晶 HD液晶
OS Android 6.0
ホワイト
ブラック
レッド
CPU MSM8916(1.2GHz)クアッドコア
メモリ 2GB
容量 8GB
サイズ 約72×142×10.8mm(突起部除く)
重量 約138g
背面カメラ 有効画素数約800万画素
CMOSカメラ(AF/手振れ補正付き)
前面カメラ 有効画素数約200万画素
CMOSカメラ
バッテリー 2,300mAh
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
Bluetooth Ver. 4.1
防水 IPX5/IPX7
防塵 IP5X
耐衝撃 MIL規格準拠
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz 対応)
通信方式 W-CDMA・LTE(900/2,100MHz)
LTE(1,800MHz)
AXGP(2,500MHz)
テザリング



DIGNO Eのスペックまとめ

より強いスマートフォンを追及した最終形態とも言える耐久性を持ったDIGNO Eは、職業柄スマートフォンを汚してしまったり、落下させてしまう可能性が高い方には相性が良いでしょう。

現時点で価格は未定ですが、SoftBankの「DIGNO F」が37,920円でしたので、38,000円前後になるものと思われます。


いずれにしても、ユーザーのニーズに合わせて選べる環境が増えるのは良い傾向ですね。



Source:京セラ