drop



優介
また物騒なテストを行ったものだね。
優奈
そう?

ユーザーにとってはこういった検証実験はありがたいものだと思うけどな。

優介
反論の余地もない…。
優奈
ただ、こうした検証結果って文字で説明しても信憑性が欠けてしまうのよね。

だから今回は動画で伝えてさせて頂こうかな。

優介
いいね。

俺もその方がわかりやすいよ。

優奈
うん。

それでは、早速説明に移ろうかな。



「iPhone 6s VS Glaxy S7」の耐久テスト

※音声が出ますのでご注意ください。

「iPhone 6s VS Glaxy S7」の耐久テストの勝者はまさかのiPhone 6s

iphone 6s



iPhone 6sといえば、iPhone 6が稀に曲がる事例があることで発売早々に強度テストが各国で行われておりました。

テストの結果、iPhone 6sは曲がらないということで結果は出ていましたが、それでもiPhone 6が曲がったという事実が植えつけたイメージは大きく今でも「iPhoneは曲がる」という考えを持っている人もいるほどです。


しかし、そんなiPhoneですが、動画内でもGalaxy S7がボロボロになるほどの落下テストを行っておりますが、なんと耐えきったのです。

ご覧の通り、フロント、バック、サイド、ボトムとあらゆる角度から機械で落下を行っているため、公平性は十分に保たれております。


最終的には4つ目のフロントからの落下テストでGalaxy S7はディスプレイが異常を起こし、操作ができなくなる状態に陥りました。

対するiPhone 6sは、5回連続のフロントからの落下テストでようやくディスプレイが異常を起こしました。


以上のことからiPhone 6sの圧勝と言える結果となったのです。




「iPhone 6s VS Glaxy S7」の耐久テストのまとめ

悪いイメージはいつまでも定着してしまうのは人の悪いところですね。

こうした物理的な検証により、過去のイメージはイメージに過ぎないということが立証されましたので、現在iPhone 6sを利用している方はどうぞ安心してご利用ください。


また、反対に日本でも発売される予定のGalaxy S7 edgeの購入を検討されている方は落下には弱いというところを考え、落下に強いハードケースを用意されるのも1つの手段でしょう。


この耐久テストの記事が皆さまのスマホ利用のお役に立てれば幸いです。



image by 9to5Mac
source:9to5Mac