PAK76_chikyuugitobin20130804_TP_V



auが6月中旬に米国と韓国の間で高音質通話サービスである「VoLTE」の提供を開始することになりました。

海外というだけで、音質が悪い、料金が高いといったイメージがありましたが、2016年のauは特に海外通話に力を入れているように見えます。


この記事では、auの米国、韓国間で提供される「VoLTE」についてお伝えさせて頂きます。



auの米国、韓国間で提供される「VoLTE」の詳細

auの米国、韓国間「VoLTE」の対応機種

対象機種はauの2016年夏モデルの6機種です。

  • Galaxy S7 edge SCV33
  • Xperia X Performance SOV33
  • HTC 10 HTV32
  • AQUOS SERIE SHV34
  • AQUOS U SHV35(韓国のみ)
  • Qua phone PX(韓国のみ)

  • auの米国、韓国間「VoLTE」の料金

    利用料金はこれまでの国際電話と同額になります。

    米国
    韓国
    発信
    120円~210円 50円~265円
    着信
    165円 70円

    また、データ通信に関しては、「世界データ定額」の利用が可能です。

    「世界データ定額」に関してはこちらの記事に詳細を掲載しておりますので、ご参照ください。


    KDDI(au)が「世界データ定額」でモバイル業界に大革命を起こす!




    auの米国、韓国間「VoLTE」のまとめ

    auが長期ユーザーを対象にしたサービスだけではなく、世界に向けて大きく動き出しています。

    世界データ定額だけでも革命的でしたが、通話品質の向上も図ってきました。

    世界のauになる日が来るかもしれませんね。


    尚、auは米国では「Verizon Wireless」、韓国では「LG U plus」といった大手キャリアと提携して今回のサービスを実現しております。

    日本の中だけではなく、世界規模で協力をすることで今後も様々なサービスが生まれるかもしれませんね。




    source:itmedia