room_mirror




また斬新な発想を持ったスマホアイテムが登場しました。


今回ご紹介させて頂くのは、ルームミラーに取り付けるタイプのスマホホルダーです。


これまでのスマホホルダーと言えば、エアコンの吹き出し口に取り付けるものがほとんどでした。

しかし、エアコンの吹き出し口となると覗き込む形となり、少々無理な体勢を強いられます。


ナビなどを利用しており、短時間しか見ないのであればそれも問題にはなりませんが、車を駐車し車内で待ち合わせをしているときなどに動画を見る場合は困ったものです。


そんなとき、スマホホルダーがルームミラーの位置にあったら、無理な体勢を強いられることもなく、自然な形で見ることができますね。


この無理な姿勢を強いることなく動画の視聴を可能とするスマホアイテムが上海問屋より登場しました。

この記事では、この便利なルームミラーに取り付けるタイプのスマホホルダーのご紹介をさせて頂きます。



ルームミラー取付タイプのスマホホルダーの詳細

スマホホルダーの取付条件。ルームミラーやスマホ本体の大きさに制限あり

いきなりですが、取り付ける上で条件があります。

このスマホホルダーは縦約85mmまでのルームミラーを対象としております。

また、5.5インチサイズ(幅約90mm)までスマホを対象としております。


4本のストッパーでスマホをつかむように取り付けるため、サイズが大きいスマホですと入りませんのでご注意ください。


スマホホルダーの調整可能範囲

2016-0607-7201-5

180度角度の調整が可能なため、見やすい角度に調整することができます。

また、走行時には後ろ側に折り畳むこともできるので視界の確保も問題ありません。


スマホホルダーの購入方法

楽天の上海問屋オフィシャルサイトより購入することができます。


価格も税込999円と非常に安く、さらに初期不良があった場合、購入から2週間まで対応してくれるという安心付きです。




ルームミラー取付タイプ、スマホホルダーのまとめ

見やすい位置取りから鑑賞できるということは、逆を言えば走行中は最も前方の確認ができない場所にあるということを意味します。

そのため、お伝えするまでもないことですが、走行中に動画の再生は危険ですので止めてくださいね。


前方不注意で怖いパンダが追いかけてきても文句を言えず、切符を切られることになります。

この安いスマホホルダーであれば5,6個は購入できるほどの痛い出費になりますのでぜひ気を付けてください。


しかし、駐車中であればこれ以上にないほど使い勝手は良いでしょう。

ちょっとした鑑賞用の個室が完成です。

車内で待ち合わせをする機会が多い方にはオススメですが、そうではない方も安いスマホホルダーなので機会が訪れたときに使えるようにダッシュボードに入れておいても良いかもしれませんね。



image by 上海問屋
source:上海問屋