au_2016summer



2016年夏のauは一味違います。


世界データ定額にau starだけでも非常に強力なキャンペーンではありましたが、2016年夏のauはこれだけでは終わりません。


さらに、auへのMNPを対象とした「2016夏 のりかえ割」キャンペーンを開始しました。


どことなくネーミングがドコモに似ている気がしないでもありませんが、2016年夏のauはどこまで突き進むのでしょうか。


この記事では、auの「2016夏 のりかえ割」についてご紹介をさせていただきます。



au「2016夏 のりかえ割」キャンペーンの詳細

「2016夏 のりかえ割」とは、他社からauにMNPでのりかえを行った際にデータ定額料から割引を行うサービスです。


au「2016夏 のりかえ割」の期間

2016年6月10日~2016年8月31日の開催期間となっております。


au「2016夏 のりかえ割」の割引額

24ヶ月間、毎月834円の割引を行います。

2年間での合計割引額は20,016円になります。


au「2016夏 のりかえ割」の条件

次の条件を満たす必要があります。

1.他社からauの対象機種にMNPを行うこと。

2.データ定額1GB以外のデータ定額を利用、もしくはLTEフラットの利用。


au「2016夏 のりかえ割」の対象機種

「2016夏 のりかえ割」の対象機種は次の通りです。

  • Galaxy S7 edge (SCV33)
  • Xperia X Performance (SOV33)
  • HTC10 (HTV32)
  • AQUOS SERIE (SHV34)



  • au「2016夏 のりかえ割」のまとめ

    モバイル業界は3月が最も活気付きますが、毎年7月と8月の夏休みや盆休みといった大イベント時にもかなりの影響を受ける傾向があります。


    auはこのタイミングに合わせて6月から事前にキャンペーンを打っておくことで認知度と存在感を高めて2016年の夏を戦っていく戦術なのではないでしょうか。


    更新月が6月の方に限っては、更新月を逃して来るのかも疑わしいキャンペーンを待つリスクを負うよりも、今適用できるキャンペーンを利用してMNPをしてしまったほうが良いと思われます。


    総務省は3月が1年で最も荒れることは把握しており、3月を迎える前に半ば強制的に介入をしてきましたが、7月や8月のことも把握しているものと思われます。

    ですので、あまり派手な割引合戦が始まるとまず間違いなく介入してくるものと思われますので、下手に先延ばしにするよりも大人しく更新月にMNPをした方が得策でしょう。


    ただし、今回のauの「2016夏 のりかえ割」が良い例ですが、大イベントに備えた割引は月頭から行われることはあまりありません。

    昔から携帯は月末に向けて割引が行われる傾向にあるので、6月が更新月の方は月末まで引っ張れるのであれば引っ張ったほうが良いです。


    今後はdocomoとSoftBankも黙っておらず、割引キャンペーンを打ってくるでしょうから、8月31日までは各社割引キャンペーンが行われ、その後、9月はiPhone 7で大賑わいになるといった感じになるでしょう。


    事前の仕込みキャンペーンといい、2016年のauは活発ですから8月で終わることなく、この勢いはまだ続くのでは、と思わせてくれますね。

    期待せざるを得ないau事情でした。



    image by au
    source:au