iphone4s_iOS10



iPhone 4sのユーザーには残念なお知らせです。


本日行われたiOS 10の発表において、iOS 9まで対象とされていたiPhone 4sがついにiOS 10ではサポートから外れることになりました。


そこでiOS 10の対象機種をはじめ、iPhone 4sがiOS 10の対象から外れた理由について迫っていきたいと思います。



iOS 10の対象機種一覧

iOS 10の新機能の詳細については別途記事にしております。

iOS 10の新機能をご覧になって頂いてからのほうがiPhone 4sが対象外になった理由についてはご理解頂けるかと思います。


まさに革命!「iOS 10」の10の新機能がiOSの歴史を変える


iPhoneのiOS 10対象機種

  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5

  • iPadのiOS 10対象機種

  • iPad Pro 12.9インチモデル
  • iPad Pro 9.7インチモデル
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad 4th generation
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

  • iPodのiOS 10対象機種

  • iPod touch(第5世代)
  • iPod touch(第6世代)



  • iPhone 4sがiOS 10の対象から外れた理由

    公式からは明確な発表はありませんのでiPhone 4sがiOS 10の対象から外れた理由については推測で進めさせて頂きます。


    iOS 10の新機能では、これまでにないボリュームで多くの新機能が備わっています。


    私も長くiPhone 4sを利用してきており、今でもメイン機種としてiPhone 4sを使っているほどですが、iPhone 4sユーザーならばもうお気づきではないでしょうか。



    iPhone 4sはもう限界です!



    iOS 9のおかげで古い機種とはいえ、インストールできるアプリは同世代のAndroidとは比較にならないほど多くあります。

    しかし、インストールできるだけで起動した瞬間に落ちる、もしくは重い処理に耐え切れず落ちるのです。


    iPhone 4sユーザーで上記のことを体験されている方は、今回のiOS 10の対象外を受けて「やはり限界か」と感じるのではないでしょうか。



    単純にCPUやメモリーがiOS 10の大ボリュームの内容に耐え切れないという問題とこれだけの内容を持ったiOS 10なのでおそらくストレージも非常に使うことでしょう。


    そのため、5年前の非力なiPhone 4sでは、スペックにおいて付いていけないのです。



    以上のことから、iPhone 4sがiOS 10から対象外になった理由は、スペック不足ではないでしょうか。




    iPhone 4sがiOS 10から対象外になった理由のまとめ

    iPhone 4sをメイン機種として使うユーザーの1人として、これまでよくiPhone 4sをiOSのアップグレード対象にしてきたものだと思うほどです。

    しかし、いよいよiOS 10からは外れたことにより、機種変更も考える必要が出てきました。


    5年前のiPhone 4sをわざわざ使うのには、4インチのモデルが好きだから、製作者が好きだったから、などそれぞれ理由があると思います。

    使い勝手に重点をおいて利用されている方は、現行のモデルで最も近いのはiPhone SEになりますね。


    精々使うのは電話とメールくらい、といったライトユーザーはこれまで通りiPhone 4sでも良いかもしれません。

    ただし、インターネットでホームページの閲覧をするのであれば、今後セキュリティにおいて脆弱性が認められるため、やはり機種変更をオススメします。

    古いOSでショッピングサイトの利用など、自ら罠にハマりに行くような行為なので気を付けてください。


    今回のiOS 10の対象から外れた件は、iPhone 4sでアプリの強制終了に悩まされているユーザーにとっては良いきっかけになるのかもしれません。

    iOS 10のボリュームから考えても今後は16GBでも心配になりそうなので、iPhoneのストレージについても考えを改めたいですね。