watchOS 3




アップルが開発中の開発者向けイベント「WWDC 2016」において、Apple Watchの最新OS「watchOS 3」を発表しました。


「watchOS 3」の発表に伴い、追加される新たな機能なども明らかになりましたのでご紹介をさせて頂きます。



Apple Watchの最新OS「watchOS 3」の詳細

「watchOS 3」とは、Apple Watchに搭載される最新OSになります。


「watchOS 3」の新機能

アプリの起動処理が大幅に改善

なんと、これまでの7倍もの速度でアプリの起動が高速化されます。

これまでの「watchOS」は、アプリの起動までに目も当てられないほどの速度で急ぎの内容はとても「watchOS」から確認することはできませんでした。

その最悪とも言えるイメージでしたが、「watchOS 3」ではアプリが一瞬で起動するようになります。


バッググラウンド更新に対応

一部情報をバッググラウンドで更新が行われるようになります。

バッググラウンドとは、見えないところで更新を行うことです。

これにより、更新中においても画面の確認が行えるようになり、利便性が大きく向上されます。


ドック画面への追加機能

よく使う機能に素早くアクセスできるようにドック画面の追加ができるようになります。

ドックとは、iPhoneでいうところのホーム画面の下端に並んだショートカットの部分のことです。

例えば、飲み会などでよくタクシーを利用する場合は登録をしておくことでワンタップでタクシーが呼べるようになります。


手書き文字認識の新機能「Scribble」

英語と中国語に対応した手書き文字認識の新機能「Scribble」が新たに追加されます。

「Scribble」を使えばiPhoneを開く必要がなく、メッセージの返信ができるため大きな活躍が期待されます。


緊急時の通報機能が追加

メニューに緊急通報用の「EMERGENCY SOS」が追加されることになります。

尚、国外にいるときは、現地の緊急電話番号に連絡をしてくれます。

これにより、万が一のトラブルに巻き込まれた際も一瞬で通報ができるようになり、安全面が飛躍的に向上されます。


車いすのユーザー向けのアクティビティアプリに対応

車いすのユーザー向けのアプリに対応することで健康管理なども行えるようになります。

腕時計と管理手帳の一体型になるでしょう。


ウォッチフェイスにミッキーマウスとミニーマウスが追加

新機能ではありませんが、ウォッチフェイスにミッキーマウスとミニーマウスが追加されることになります。

バンドのカラーに合わせてミニーの衣装を選べるうれしいポイントもあります。


様々なウォッチフェイスが追加

ミッキーマウスとミニーマウス以外にも様々なウォッチフェイスが追加されることになります。



「watchOS 3」のリリース予定日

開発者への配信は本日14日より行われております。

一般ユーザー向けのアップグレードは、2016年秋の予定になっております。


尚、「watchOS 3」は無料でアップグレードが行える予定です。




「watchOS 3」のまとめ

これまで不評だった部分を「watchOS 3」で大きく改善をしてきました。

「watchOS 3」のリリース予定日から見て、背景には「Apple Watch 2」の存在があるものと思われます。


「Apple Watch 2」もバッテリーの大幅な改善など、初代「Apple Watch」の不評だった部分を改善する動きあると見られているので、「watchOS 3」と合わせて、まさに革命とも言えるものになりそうです。


これまでの「Apple Watch」はただ腕時計で確認をするだけものというイメージが強く、iPhoneへの依存度が非常に高いものでしたが、「watchOS 3」の新機能を見る限りでは、iPhoneへの依存度は必要最低限に止められております。

iPhoneへの依存度が低くなったことにより、バッテリーの消耗も抑えられるメリットの相乗効果も生まれるでしょう。


「watchOS 3」の新機能は「Apple Watch 2」への期待が高まる非常に良い内容でした。




image by gigazine
source:gigazine