iOSの魅力的な新機能の数々を前にiPhoneへ機種変更を考えている人も多いと思います。


そこで、iPhoneに機種変更をする際に必要となる7つの引き継ぎ方法をご紹介させていただきます。


iPhoneへ機種変更を考えている人は事前に引き継ぎ準備をしておくことでiPhoneを購入後にスムーズに引き継ぎが行えるようになります。



尚、ここでご紹介させて頂いておりますiPhoneの引き継ぎ方法は全てのiPhoneで同様の手順で行うことが可能です。



目次


iPhoneに機種変更する前にやるべき7つの引き継ぎ方法

これから最新版の新しいiPhoneに機種変更する前にやるべき7つの引き継ぎ方法をご紹介させていただきます。


ここでは、iPhoneからiPhoneを前提として進めております。

また、PCを利用した引き継ぎ方法を選択される場合は、Windowsを前提としております。

PCを利用しない引き継ぎ方法も用意しておりますので、ご安心ください。


なお、ここでご紹介している引き継ぎ方法は、docomo、SoftBank、auどのキャリアであっても同じ方法で行えます。


それでは、順を追ってiPhoneの引き継ぎ方法をご紹介していきます。






【iPhoneに機種変更する前にやること①】利用中のiPhoneのiOSを最新バージョンにする

iPhoneの引き継ぎ作業をする上でiOSが古いと引き継ぎが行えない場合があります。

そのため、iOSのバージョンは必ず最新のものにアップデートをしておきましょう。






【iPhoneに機種変更する前にやること②】利用中のiPhoneの写真と音楽データを整理する

利用中のiPhoneのデータをバックアップする際にあまりにもデータが多いと膨大な作業時間を要することになります。

できる限りバックアップのデータは小さくしておきましょう。


バックアップを行う際にiCloudを用いる場合は無料で利用ができるのは5GBまでで、それ以上は有料のサービスとなりますので、可能であれば5GB以下に抑えておきたいところです。


5GB以上になってしまう人は別のバックアップの方法もご案内しておりますので安心してください。






【iPhoneに機種変更する前にやること③】利用中のiPhoneのデータをバックアップする

バックアップとは、iPhoneの写真や音楽などの大事なデータを別の記憶装置に保存することです。

バックアップを行う方法は大きく分けて「iCloud」、「iTunes」、「SDカード」の3つの方法があります。


「iCloud」で行うiPhoneのバックアップ方法

iCloudでバックアップを行う場合は、事前に「3つ」の確認をする必要があります。


【iCloudの事前確認①】iCloudの設定を完了する

次の手順でiCloudの設定を完了してください。


※手順2が「iPhoneにサインイン」ではなく、利用者の名前が入っている場合はここ手順は不要ですので「iCloudの事前確認②」に進んでください。



1.iPhoneのホーム画面より「設定」を押します。

2.一番上の「iPhoneにサインイン」を押します。

3.Apple IDとパスワードを入力します。

4.「サインイン」を押します。

5.利用規約を確認し、「同意する」を押します。

6.確認画面が表示されたら、再度「同意する」を押します。

7.「結合」押します。(環境により出てこない場合があります。)

8.メッセージを確認して、「OK」を押します。

9.初期設定は完了です。


【iCloudの事前確認②】Wi-Fi環境を用意する

iCloudでのバックアップにはWi-Fi環境が必要です。


【iCloudの事前確認③】バックアップを行うデータの容量の確認をする

無料でiCloudでバックアップを行う場合は、バックアップを行うデータが5GB以下である必要があります。


もちろん、それ以上でもiCloudによるバックアップを行うことは可能ですが、5GB以上の場合は有料サービスになります。


有料サービスでもiCloudでのバックアップ方法を利用される方は、次の料金体系になっております。

iCloudの料金体系
50GB 月額 130円
200GB 月額 400円
2TB 月額 1,300円

iCloudでバックアップを行う

いよいよiCloudのバックアップ作業です。

次の手順でバックアップを行ってください。


1.「設定」を押します。

2.一番上の「利用者の名前」を選択します。

3.「iCloud」を選択します。

4.「iCloudバックアップ」を選択します。

5.「iCloudバックアップ」がオフになっている場合はオンにします。

6.「今すぐバックアップを作成」を押します。

7.バックアップの時間が表示されたらバックアップ作業は完了です。






「iTunes」で行うiPhoneのバックアップ方法

Windowsでの作業を前提として進めております。

iTunesでバックアップを行う場合は、事前に「4つ」の確認をする必要があります。


【iTunesの事前確認①】アプリと音楽はバックアップできない

iPhoneでダウンロードされた音楽はバックアップができませんので注意してください。


【iTunesの事前確認②】バックアップした内容は確認できない

iTunesで作成するバックアップデータの内容は直接確認することができません。

そのため、下取りなどで手元から元のiPhoneがなくなってしまう場合は、連絡張や写真などの大切なデータは別の方法でもバックアップしておくことをお勧めします。

新しいiPhoneと古いiPhoneを2台並べて作業できる場合は古いiPhoneのデータを消さなければiTunesだけで良いでしょう。


【iTunesの事前確認③】利用されるPCはWindows 7以降が必要

2018年現在、最新のiTunesの動作にはWindows 7以降が必要です。

Windows 7より前のOSでは最新のiTunesのダウンロードが行えないため、バックアップ復元ができません。

環境によってはバックアップは出来てしまいますが戻すことができないため、必ずWindows 7以降のPCで作業しましょう。


【iTunesの事前確認④】iTunesを最新バージョンにする

先の通り、古いバージョンのiTunesではiPhoneを認識することができず、バックアップ復元が行えないのでiTunesは必ず最新バージョンを利用してください。


iPhoneとPCを接続する前に必ず準備しておくこと

iTunesの「自動同期」が有効になっていると、PCにiPhoneを接続すると勝手に同期を開始します。


同期が行われると、音楽や写真がiPhoneから消える可能性があるので、iPhoneとPCを接続する前に「自動同期」は必ず停止してください。



iTunesの自動同期の確認は次の手順で行えます。


1.iTunesを起動して、メニューより「編集」選択します。

2.開かれたメニュー内から「設定」を選択します。

3.表示された設定の画面内から「デバイス」を選択します。

4.「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」に「チェックを入れて」からOKを押すことで設定完了です。


iTnuesでバックアップを行う

いよいよiTunesのバックアップ作業です。

次の手順でバックアップを行ってください。


1.iPhoneとPCを純正のLightningケーブル(充電ケーブル)で接続します。
【注意】非純正ケーブルでバックアップ復元を行いデータが破損したという事例が多々あります。

2.iTunesを起動します。

3.iTnues画面内の左上にあるiTunes_iphoneを選択します。

4.iTunes画面の右側を下にスクロールすると、バックアップ項目にある「このコンピュータ」を選択します。

5.「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

6.パスワードを設定します。

7.「今すぐバックアップ」を選択して、バックアップ完了です。


暗号化の必要性

暗号化を行うことで次のデータのバックアップが可能になります。

  • iPhoneに保存したパスワード
  • Wi-Fiの設定
  • ウェブサイトの履歴
  • ヘルスケアのデータ


  • 但し、暗号化で設定したパスワードを忘れると機種変更をした新しいiPhoneでバックアップデータの復元が行えなくなるので注意してください。

    このパスワードはiPhoneに記録されるため、数年後にまたバックアップを作成する際にも付いて回ります。

    覚えていられる自信がない場合は設定しないか、データ移行作業が全て終わった後に暗号化をオフにすることをお勧めします。






    「SDカード」で行うiPhoneのバックアップ方法



    これは公式が用意している方法ではありません。


    本来、iPhoneはSDカードに対応しておりませんがアクセサリーを用いることで可能にします。

    iCloudの無料分では補えないほど画像や動画のバックアップデータがある方や、今後iPhoneを利用する上で容量を気にせずに使いたい方には良い方法です。


    大きなファイルになる画像や動画はSDカードに入れて、その他のデータはiCloudにバックアップをする方法もあります。


    SDカードリーダーを利用する際の注意点

    SDカードリーダーの利用にはmicroSDが必要になります。

    また、対応しているmicroSDは32GBまでになります。


    SDカードリーダーの使い方

    iPhone_i-easydrive


    SDカードリーダーは次の手順でiPhoneのデータを移すことができます。


    1.利用中のiPhoneに「i-easydrive」をインストールします。

    2.SDカードリーダーを利用中のiPhoneに接続します。

    3.「i-easydrive」を起動します。

    4.「i-easydrive」のアプリ内からバックアップを行うデータを選ぶことでバックアップ完了です。


    SDカードリーダーの購入方法

    次の楽天ショッピングサイトで購入することができます。







    【iPhoneに機種変更する前にやること④】LINEアカウントの引き継ぎを行う

    LINEを利用している人は、新しいiPhoneにLINEのデータを移すために引き継ぎ処理を行う必要があります。


    引き継ぎ処理を行わないと購入したスタンプなどを新しいiPhoneに移すことができませんので要注意です。

    LINEの連絡先、グループも全て消失するので要注意です。



    LINEを利用していない人はここでの手順を行う必要はありませんので飛ばしてください。


    iPhoneでLINEの引き継ぎを行う前に準備しておくこと

    LINEで引き継ぎを行う前に、事前に「3つ」の準備をする必要があります。


    【LINEの事前準備①】LINEに登録したメールアドレスの確認

    登録しているメールアドレスは次の手順で確認をすることができます。


    1.LINEを起動します。

    2.「その他」を押します。

    3.LINE画面内の右上にある「・・・」を押します。

    4.「設定」を押します。

    5.「アカウント」を押します。

    6.「メールアドレス」に表示されているメールアドレスがLINEに登録されているメールアドレスです。


    【LINEの事前準備②】LINEに登録したパスワードの確認

    パスワードはLINEで引き継ぎを行う際に必要になります。

    しかし、パスワードはセキュリティの関係上、LINE内では確認をすることができません。


    パスワードを忘れてしまった場合は、次の手順で再設定を行うことができます。


    1.LINEを起動します。

    2.「その他」を押します。

    3.LINE画面内の右上にある「・・・」を押します。

    4.「設定」を押します。

    5.「アカウント」を押します。

    6.「パスワード」を押します。

    7.iPhoneのパスコード入力か指紋認証を行います。

    8.新しいパスワードを「パスワード」と「もう一度入力してください」の2箇所に入力してOKを押します。


    【LINEの事前準備③】引き継ぎ許可をする

    この作業は必ずiPhoneに機種変更をする当日に行ってください。


    この引き継ぎ許可が必要になる人は、次の場合に限ります。

  • 機種変更後に電話番号が変更になる場合
  • Facebookログインを利用しており、スマホが変更になる場合

  • 引き継ぎ許可は次の手順で行います。


    1.LINEを起動します。

    2.「その他」を押します。

    3.LINE画面内の右上にある「・・・」を押します。

    4.「アカウント引き継ぎ設定」を押します。

    5.初期状態はオフ(白)になっているのでスライドしてオン(緑)にして引き継ぎ許可は完了です。


    尚、引き継ぎ許可はオンにしてから24時間以内に新しいiPhoneで設定を行う必要があります。

    24時間以上過ぎてしまった場合は再設定が必要になります。


    LINEのトーク履歴の引き継ぎを行う方法

    LINEのトーク履歴は個別にバックアップを行う必要があります。


    設定手順は次の通りになります。


    1.LINEを起動します。

    2.「その他」を押します。

    3.LINE画面内の右上にある「・・・」を押します。

    4.「設定」を押します。

    5.「トーク」を押します。

    6.「トークのバックアップ」を押します。

    7.「今すぐバックアップ」を押します。




    【iPhoneに機種変更する前にやること⑤】ゲームアプリの引き継ぎ準備をする

    ゲームアプリを利用していない人はここでの手順は不要ですので飛ばしてください。



    ゲームアプリはそれぞれゲームアプリ内で引き継ぎ準備を行う必要があります。


    各ゲーム、引き継ぎ方法が異なりますので、引き継ぎ方法は確認して頂く必要があります。


    ここでは一例として、人気ゲームタイトル「パズドラ」のご紹介をさせていただきます。

    ほとんどのゲームは類似する引き継ぎ方法なので、参考にしてください。


    パズドラでは、「iCloud」を利用する引き継ぎ方法と「引き継ぎコード」を利用する引き継ぎ方法の2つの方法があります。


    iCloudを利用して引き継ぎを行う方法

    次の手順でiCloudを利用して引き継ぎを行うことができます。


    1.iPhoneのホーム画面より「設定」を押します。

    2.「iCloud」を押します。

    3.「iCloud Drive」を押します。

    4.「iCloud Drive」をオンにします。

    5.開かれたリストの中から「パズドラ」をオンにすることで今後バックアップが行われます。


    新しいiPhoneでiCloudにサインインした状態で、パズドラを起動すると「iCloudにバックアップされたゲームデータがありました。」という画面になるので、「はい」を押すと引き継ぎ完了です。



    引き継ぎコードを利用して引き継ぎを行う方法

    パズドラのゲームアプリ内で行う方法になります。

    次の手順で引き継ぎコードを利用して引き継ぎが行えます。


    1.パズドラを起動する。

    2.「その他」を押す。

    3.「機種変更」を押す。

    4.「機種変コード発行」を押す。

    5.「発行する」を押す。

    6.パズドラを再起動する。

    7.「フレンド」を押す。

    8.「メール/フレンド承認」を押す。

    9.「機種変コードを発行しました」というタイトルのメールを確認する。

    10.機種変コードが表示されるので、メモをして完了です。


    新しいiPhoneでパズドラを起動後、「機種変コードを使ったゲームデータ移行はコチラ」を押して「機種変コードの入力」をすると引き継ぎ完了です。






    【iPhoneに機種変更する前にやること⑥】新しいiPhoneのケースを用意する

    新しいiPhoneが傷物になっては大変です。

    新しいiPhoneを傷から守るためにもケースの用意をされることをお勧めします。


    尚、iPhoneの発売当初はケースそのものが市場で販売されていない場合も多いので、まずは保護の観点からも純正のiPhoneケースの装着をお勧めします。


    iPhoneの発売から1ヶ月もすると新しいiPhoneのケースも大量に出回っており、好みのiPhoneケースを選ぶことができるようになります。


    当サイトでも人気機種の注目されているケースの紹介は度々行っております。






    【iPhoneに機種変更する前にやること⑦】新しいiPhoneの保護フィルムを用意する

    iPhoneを傷から守るのはケースだけではありません。

    最も傷つきやすく目立つ液晶を保護するためのフィルムも必須品と言えます。


    なかでも画面割れからも防いでくれる「強化ガラスフィルム」の性能は非常に優れており、強くお勧めします。


    参考までにこの記事を作成時のiPhone 5からiPhone 6sまでの画面割れによる修理代金をリストにしました。


    AppleCare+非加入 AppleCare+加入
    iPhone 8 Plus 19,800円 3,400円
    iPhone 8 17,800円 3,400円
    iPhone 7 Plus 19,800円 3,400円
    iPhone 7 17,800円 3,400円
    iPhone 6 Plus 19,800円 3,400円
    iPhone 6 17,800円 3,400円

    iPhoneは多少の衝撃でも画面割れへとつながります。

    そして、画面割れの修理代金にはこれほどの費用がかかります。


    筆者自身もiPhoneを砂利の上で落とした経験がありますが、この時は強化ガラスフィルムが割れているだけでiPhone本体は無傷でした。


    もちろん、あまりにも高い位置からの落下などは耐えられませんが、筆者のような事例であれば画面割れから守ってくれる強化ガラスフィルムはiPhoneのアクセサリーの中でも最早、必須品と言っても過言ではありません。






    おわりに

    お疲れさまでした。

    以上がiPhoneに機種変更する前にやるべき7つの引き継ぎ方法になります。


    他にもやるべきことがあるといった場合は、個別対応させていただきます。

    必要とあれば当記事に追記させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。