VEL88_keitaisawaru201502071456591_TP_V



6月16日付けでついにドコモの新社長が吉澤氏になりました。


尚、加藤薫元社長は相談役として取締役会に残ることになります。


同日行われた就任会見で吉澤新社長が今後のドコモの方針について語りましたので、お伝えさせていただきます。



ドコモの新社長、吉澤氏が語る今後のドコモの方針

まずあいさつとして、次のことを語っています。

「入社以来、移動体通信に関わり、その進化と発展に尽くしてきた。

実用化に携わった最初の携帯電話は900gあり、もちろん音声通話のみ。

30年たってそれがスマートフォンに進化し、ポケットに入るデバイスで世界中の情報が手に入るようになった。

スマホは成熟したという声も聞かれるが、まだまだそんなことはない。

さらなる価値をお客さま・世の中に提供し続けることがドコモの指名」


ドコモの方針 その1、パートナー企業との連携

今のモバイル事情は多くの課題があります。

「デバイスの進化」、「4Gの後継となる5Gのネットワークの進化」、「さらにクラウドや仮想化の進化」など、1つだけでもかなりの技術と時間を要することがまだまだ多くあります。


さすがのドコモといえど、1社だけでどうこうなる問題ではなくなっているのです。

そこでドコモでは今後、社内だけではなく、パートナーのアイデアを積極的に取り入れることで新たな発想を生み出し、これまで以上にスピード感を持って取り組んで行く方針を固めております。



ドコモの方針 その2、AI開発の強化

今後、ドコモでは人工知能の強化に力を入れる方針です。

ドコモが目指すところは「生活に溶け込むパーソナルアシスタント」です。


自動運転などは2020年をめどに開発が進められているということです。

2020年といえば、5Gに関連するサービスも同年のサービス提供を予定されていることから、大きく変わる年度になることが予想されます。



ドコモの方針 その3、3本柱の経営方針

「サービス」、「+d」、「あらゆる基盤の強化」という3本柱の経営方針を揚げております。


具体的な内容は、家族契約の拡大やキャリアフリーのサービス拡充によるユーザーへのサービスの強化

パートナー企業や団体との協力関係を進める「+d」の促進

そして、コスト削減による経営基盤の強化と6月に導入予定のPREMIUM 4Gと2020年に導入予定の5Gの研究開発などのネットワーク基盤の強化


この3本の柱を軸に今後の経営を行っていく方針です。



ドコモの方針 その4、ユーザー数の拡大

これまでのドコモはユーザー数ではなく、回線契約数に力を入れてきました。

そのため、1台でも多くのスマホを販売しようと、MNPによる「奪い合い」が勃発していました。


しかし、当サイトでも何度も取り上げてきた「総務省の介入」によって、モバイル市場は大きく飽和しております。

大手キャリアには厳しい制限がかかる中、制限なくやりたい放題の格安SIMに価格面では完全に押し負けているのが現状です。


そのため、吉澤新社長は現在の環境でこれまでのやり方では戦い抜くことは困難であると指摘し、dマーケットなどのサービス分野への注力をしていく方針です。


この分野においては、回線数は一切関係なく、ユーザー数こそが大きな武器となります。

さらに、同じくユーザー数が物を言う「dカード」などの決済事業も巻き込むことで大きな利益を狙う方針です。


この分野では、現在利益目標は1,200億ですが、できるだけ早い段階に2,000億まで持って行きたいとしております。



ドコモの方針 その5、ガラホの強化

まず、ガラホとは、ガラケーの形状や操作方法はそのままでAndroidを搭載し、LTE通信を可能としたいい所取りの製品です。


ドコモではスマホの普及が計画より進んでいない状況をガラケーの需要がまだあるからと分析しており、ガラホに力を入れる方針です。

本来であれば、2016年には普及率が8割台という計画でしたが、現状6割に止まっています。


安くてバッテリーが持つ上に、片手で使える良さはスマホではカバーしきれない、ガラケーならではの大きなポイントとして更なる強化を計るようです。



ドコモの方針 その6、利用料金の値下げ

会見では、明確な発言はありませんでしたが、総務省のタスクフォースの影響があることから利用料金に関しては消極的でした。


しかし、時期は断言できないとしながらも「ユーザーのメリットになる、お得な料金をしっかりと検討していきたい」とコメントしております。




吉澤氏が語る今後のドコモの方針のまとめ

これまでのドコモの動向を見て来られた方には、「やはり」といった印象でしょう。


平たく言えば、端末の販売は切り捨てユーザーの獲得のためにサービスでの勝負に出るということです。


そして、ある意味明確となった現在の環境下では携帯料金の値下げはできないということ。

しばらくの間は、利用料金だけで見ればやはり格安SIMの方が圧倒的に上になるようです。


しかし、通信の品質や速度といった面では格安SIMには到底できないサービスの提供が約束されています。


サービスのドコモを取るか、利用料金の格安SIMを取るか、という単純な二択になることが明確となる会見でした。




source:itmobile