iTunes_iPhone



機種変更をする時やパソコンから音楽をiPhoneに入れたい時に使うことになるiTunesですが、突然同期ができない状態に陥り、困った経験がある人も少なくないでしょう。


ここでは、そんなiTunesとiPhoneの同期ができない状態になった時の対処方法をお伝えさせていただきます。



iTunesとiPhoneが同期できない時の7つの対処方法

これからiTunesとiPhoneが同期できない時の7つの対処方法をお伝えします。


ここでご紹介させて頂く対処方法は、iTunesとiPhoneが同期ができない原因を追及しながらの対処方法ですので、同期ができないトラブルに見舞われた際はぜひお試しください。


尚、ここではWindowsを前提に対処方法をご紹介しておりますので予めご了承ください。

1.iTunesを最新のバージョンにする

単純な話ですが、iTunesのバージョンが古いために、iPhoneを認識できず同期ができないという問題は非常に多くあります。


2016年8月現在はiTunesの最新バージョンがダウンロードできるのはWindows 7以降となっているため、Windows Vistaなどでは、iTunesの最新バージョンのダウンロードは行えませんのでご注意ください。


現在、iTunesのバージョンが古い場合は、最新バージョンでお試しください。



2.iPhoneのiOSを最新バージョンにする

過去のiOSの中には同期ができない状態になるバグがありました。


可能性としてiOSのバグがiTunesとiPhoneの同期ができない原因になっていることも考えられますのでiOSを最新バージョンにしてiTunesとiPhoneの同期を試みてください。



3.iPhoneとiTunesを扱うパソコンのUSBを再接続する

単純にUSBをつなぎ直すだけでiTunesがiPhoneを認識して同期ができるようになることがあります。


この時、原因として他のUSB接続をしている機器がイタズラをしている可能性がありますので、iPhone以外のUSB機器はパソコンから全て外して試してください。


また、パソコン側のUSBポートが故障をしている可能性も考え、別のUSBポートも試してください。

別のUSBポートで動作するようであれば、パソコン側に問題があることがここで判明します。


さらに、消去法で追うために接続するUSBケーブルも普段使用しているものではなく、別のUSBケーブルを使用するほうが望ましいです。



まとめると次の通りです。


同じUSBポートで使用するUSBケーブルを変えることで、iTunesとiPhoneが同期できるようになれば、USBケーブルが原因です。

使用するUSBポートを変えることで、iTunesとiPhoneが同期できるようになれば、パソコンのUSBポートが原因です。

何れも原因解決に至らなければ、原因は他の箇所にあります。



4.iTunesのWi-Fi接続の設定が行われているか確認をする

iTunesを再インストールなどすると、いつの間にかWi-Fi設定が変わっていることがあります。


これまでWi-Fiで同期をしていたけど、iTunesとiPhoneの同期ができないことになった場合はiTunesのWi-Fi設定を確認をしましょう。


iTunesのWi-Fi設定方法

次の手順でiTunesのWi-Fi設定を行います。


1.iTunes画面の左上にあるiTunes_iphoneを押します。

2.「概要」を押します。

3.オプションの項目の「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックを入れます。

4.以降同じWi-Fiのネットワーク内であればいつでも同期ができるようになります。



5.iTunesとiPhone共に「Apple Musicを表示」のオフにする

Apple Musicの設定がオンになっていると同期ができない問題があります。


これが原因の場合、Apple Musicの曲がiPhoneから削除されますが、オフにするしかありません。


iPhoneの設定方法

次の手順で設定を行います。


1.iPhoneのホーム画面より「設定」を押します。

2.「ミュージック」を押します。

3.「Apple Musicを表示」「iCloudミュージックライブラリ」をオフにします。


※Apple Musicに契約していない場合は表示がありませんのでここのステップは無視してください。


iTunesの設定方法

1.iTunesを起動します。

2.「編集」をクリックします。

3.「設定」をクリックします。

4.「一般」をクリックします。

5.「Apple Musicを表示」のチェックを外します。



6.iTunesとiPhoneを扱うパソコンを再起動する

設定は行えていても反映がされていない可能性があります。


iPhoneもiTunesを扱うパソコンも共に再起動をしてください。

これで解決することも多々あります。



7.別のパソコンのiTunesで試してみる

消去法で原因をiPhoneかiTunesを扱うパソコンか調べる必要があります。


そこで別のパソコンのiTunesで試してみてください。


可能性の絞込みですが、これで動作すれば原因はパソコン側、動作しなければiPhone側に原因があることがわかります。






iTunesとiPhoneが同期できない時の対処方法のまとめ

iTunesとiPhoneが同期できないトラブルは基本的に消去法で探っていく形になります。


原因を見付けるところから始めるため、1番から順に試してみてください。


物理的な故障ということでなければどこかで原因に当たってiTunesとiPhoneが同期できるようになるでしょう。