docomo_iphone




ドコモがXperia X Performanceの発売に合わせてiPhoneを中心に下取り価格を大幅に増額しました。


なかには文字通り、桁違いに下取り価格が増額されたものもありますので期待してください。


それでは、長い前置きはさておき、早速下取り価格をお伝えさせていただきます。



ドコモの下取り価格が大幅に増額

Xperia X Performanceの発売日である6月24日より下取り価格の大幅な増額が行われております。


増額される期間は6月30日までとされております。


また、下取りの対象となるのは他社の端末になります。


iPhoneの下取り価格一覧

下取り対象機種 状態 下取り価格
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
良品 30,000円
画面割れ 9,000円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
良品 27,000円
画面割れ 8,100円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
良品 22,000円
画面割れ 6,600円
iPhone 5c
(16GB/32GB/8GB)
良品 17,000円
画面割れ 5,100円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
良品 22,000円
画面割れ 6,600円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
良品 1,000円
画面割れ 300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
良品 500円
画面割れ 200円
iPhone 3GS 良品 500円
画面割れ 200円
iPhone 3G 良品 500円
画面割れ 200円

iPhoneの下取りの中で最も大幅な増額をしたのは、iPhone 5です。

なんと、3,000円から22,000円に増額されております。


また、iPhone 5cも合わせて17,000円に増額されているため、ソフトバンクかauのiPhone 5とiPhone 5cをお持ちの方はかなり良い条件なので、これだけでMNPを決めても良いほどです。



Androidの下取り価格も一部大幅に増額

Androidは機種が多すぎるため、全て載せると見にくくなりますので特に大幅な増額が見られた2機種をピックアップさせていただきます。


今回、大幅な増額が行われたのは次の2機種です。

  • Xperia Z2:6,000円→22,000円
  • Xperia A2:1,000円→22,000円

  • どちらも非常に古い機種になりますが、こちらの下取り価格もなんと22,000円に増額されました。

    Xperia Z2/A2を使わずに物置に眠らせている方はチャンスです。




    ドコモの下取り価格、大幅増額のまとめ

    Xperia X Performance発売に伴い、際立ったキャンペーンやキャッシュバックが行われないと思われたドコモでしたが、下取りの増額に打って出てきました。


    それも驚くような増額っぷりです。


    あまりに良い条件のため、ネットショップの中古スマホ販売店はすでに在庫切れが相次いでいる状況です。


    中古スマホ市場にも影響を与えるほどインパクトがあることから、下手に印象の薄いキャンペーンを乱立するよりも余程効果があるように見られます。


    さらに、今回の下取り強化は他社製品であることが条件になっているため、MNPによる回線数の獲得にもつながるものと思われます。


    今回行われた下取り価格の増額がユーザー数の大幅獲得につながれば、今後も似たようなプログラムが行われる可能性は大いにあります。


    そしてドコモが先陣を切れば、ソフトバンクやauも黙っていないでしょう。


    長期的に行うと総務省も黙っていないので今後も実施されるとしたら何か大きな出来事に合わせて短期的に行われるものと思われます。


    そして、次に大きな出来事が見られるとしたらiPhone 7が発売される9月でしょうか。


    一時でもこうした動きも見せてくれると今後の期待も高まります。