call-71168_640




日本郵便は、格安SIM業界の大手IIJと連携を取り、8月1日から格安SIM業界に参入することを発表しました。


そこで今回は郵便局がどのような格安SIMを販売するのか、その詳細をお伝えさせていただきます。




郵便局の格安SIMの詳細

郵便局では「IIJmio」の音声SIMと富士通の「arrows M03」をセットで販売をします。

取り扱いは、静岡、岐阜、愛知、三重の郵便局から開始する予定となっており、全国の郵便局に展開されます。



郵便局の格安SIMの申し込み方法

郵便局の格安SIMは通常のスマホのようなセールス方法ではありません。

店頭にカタログを設置しており、申し込み希望者はカタログから申込書を取り寄せます。

申込書に必要事項を記入の上、申込みを行うと後日スマホ「arrows M03」に音声SIM「IIJmio」が挿入された状態で届きます。



郵便局の格安SIMの料金プラン

データ容量は3GBで、月額1,600円(税抜)になります。

また、初期費用は3,000円(税抜)になります。



郵便局の格安SIMの「arrows M03」端末代金

端末代金は3万2800円になります。

分割払いの場合は1380円×24回になります。



郵便局の格安SIMの契約特典

解説ブック「格安スマホ入門」が特典としてプレゼントされます。




郵便局の格安SIMのまとめ

料金プラン、端末代金、共になんとも言えない価格設定です。


また、カタログベースでの販売になっており、とても販売意欲があるようにも感じられません。


契約することで郵送の料金が安くなるとかであれば需要もありますが、現状そのような発表はありません。


郵送の特別料金の設定をすることで法人や頻繁に郵便を利用する個人にはウケが良くなりそうではあります。


現在どこの層をターゲットにしているのかよくわからないので、郵便局ならではのターゲットの絞込みを行わないと厳しいでしょう。




source:ケータイWatch