img_spec_01




国内ではじめて「Android One」が採用されたシャープの「507SH」が発売されることになりました。


そこでここでは、Android Oneの詳細に触れつつ、507SHのスペック詳細をご紹介させていただきます。




Android Oneとは

Android Oneとは、Googleが主軸となり各国のパートナーとその国のニーズにあったハードウェアと、Googleが理想とするAndroidのソフトウェアを兼ね備えたスマホを開発するプログラムです。

Android Oneは2014年より開始しており、現在では21ヶ国でプログラムの展開が行われております。


Android ONEの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアのメーカーが中心に行っております。

また、パートナー企業はMicromaxやKarbonn、Spiceの他、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムと名だたる大手が参加しています。


ハードウェアの設計から必要になる部品の調達まではGoogleが行っており、製造メーカーが異なるとはいえ、各メーカーから発売されるAndroid Oneは全て同一のスペックをしている点が特徴です。




国内初Android One搭載の507SHのスペック詳細


サイズ 約142×71×8.8mm
重量 約135g
OS Android 6.0
CPU MSM8952 1.5GHz(クアッドコア)
+1.2GHz(クアッドコア)
メモリ 2GB
容量 16GB
外部メモリ microSDXC 最大200GB
バッテリー 3,010mAh
ディスプレイ 約5.0インチIGZO
1,280×720ドット HD
背面カメラ 約1,310万画素
前面カメラ 約500万画素
通話 VoLTE対応
Bluetooth Bluetooth 4.2



507SH取り扱いキャリア

507SHはY!mobileより発売されます。

現時点ではドコモ、ソフトバンク、auからの発売予定はありません。


507SHの価格

価格は未定ですが、MNP時の実売価格は2万円台になる見込みです。




国内初Android One採用の507SHのまとめ

Android Oneも非常に魅力的ですが、普通にスペックと価格のコストパフォーマンスも非常に良いですね。


さらに、OSは最新のAndroid 6.0 Marshmallowですが、次期OS「Android Nougat」へのアップグレードも保証されていますのでセキュリティ面でも安心です。


ミドルモデルとしては申し分のないスペックですが、正確な価格の発表が気になりますね。




source:Y!mobile
image by Y!mobile