6月下旬に下取りプログラムに力を入れていたドコモですが、なんと7月に入ってから改悪されることになりました。


普通に利用している方には縁もない改悪ではありますが、一部の層には大打撃を受ける内容となっておりますのでお伝えさせていただきます。




ドコモ下取りプログラム改悪の詳細

結論から申し上げますと、他社の対象機種の下取りを行う場合、前回の下取りプログラム利用から3ヶ月以上経過していることが条件として追加されました。


ほめられたやり方ではありませんが、下取りプログラムを短期間に何度も利用するユーザーがいたことからドコモが対策を打った形になります。



ドコモ下取りプログラム改悪の例外

はっきりと申しますと例外はありません。


既に抜け道を模索して複数の店舗に回っている方も多いですが、ことごとく失敗しています。


そもそも上記でも述べましたがほめられたやり方ではないのでこれからは正攻法のやり方が無難でしょう。



souce:docomo