大人気アプリ「ポケモンGO」のリリースを前にして悪質な偽アプリが出回っております。


「ポケモンGO」は7月6日にオーストラリア、ニュージーランドのApple App StoreとGoogle Playストアの公式マーケットにて公開されました。


しかし、まだ公開されていない国の多くのポケモンファンは公式リリースが待ちきれず、非公式のサイトで「ポケモンGO」を探し始めているのです。


そこで個人情報を盗む悪質な偽アプリに引っかかる事案が多発しており、大手セキュリティ会社のマカフィーが注意を促しております。




ポケモンGOの悪質な偽アプリの詳細

image3



偽アプリの特徴としては、公式マーケットではないサイトで公開されている「野良アプリ」であるということです。


外見は公式の「ポケモンGO」に類似しており、見分けが付きません。

しかし、一度この偽アプリをインストールしてしまうと、電話帳、通話履歴、閲覧履歴、位置情報など個人情報という個人情報が全て盗まれてしまいます。


それだけでは止まらず、この偽アプリはスマホのカメラ機能を用いて写真やビデオで盗撮を行ったり、通話やメール内容の盗聴、端末を遠隔操作といった非常に危険な内容になっております。



悪質な偽アプリ「ポケモンGO」の対策

現状、最も有効な対策法は非公式のマーケットから「ポケモンGO」をインストールしないことです。


現時点ではAndroidのみでiOSの偽アプリの確認はされておりませんが、iOSも用心はしておいたほうが良いでしょう。


万が一にでもインストールして感染してしまった場合には既存のデータを残しつつ駆除はほぼ不可能と見てください。


このような最悪な事態にならないためにも不用意に非公式サイトからのインストールは決して行わないようにしてください。




source:マカフィー
photo:マカフィー