00_m




Appleが提供するクラウドサービス「iCloud」のパスワード4000万件分が漏洩した可能性があるとして、海外のニュースサイトCSO Onlineが報道しています。


さらに、セキュリティメーカーとして有名なカスペルスキーもAppleユーザーに対して警告を促しております。





最大4000万人分のiCloudのパスワードが漏れた可能性

本件を報じたCSO Onlineによると、4000万件分ものiCloudのアカウント情報が漏洩したとしています。

さらに、iPhoneやiPadを人質とした身代金を要求する事件も発生しております。


犯行の手口は、入手したiCloudのアカウント情報を利用して「iPhone、iPadを探す」アプリから、端末を「紛失モード」にするというものです。

デバイスを紛失モードにされてしまうと、ロックされて内部のデータには一切アクセスすることができない状態になってしまうため、ユーザーはどうすることもできない状態になります。


犯人はこの状態にしてから「解除するから金を払え」と身代金の要求をしているのです。



iCloudのパスワード漏洩の対策方法

紛失モードによるロックをされてからでは手遅れになります。

そのため、今からでもiCloudのパスワード変更をすることが最良の対策方法になります。


また、パスワードは他のサービスと共通のものにしているとそちらも被害に遭う可能性があるため、要注意です。




まとめ

流出経路は明らかになっていませんが、ウイルスやハッカーに強いと云うAppleの伝説も既に過去のものだと考える必要があります。


App Storeの管理がPlayストアより審査が厳しいのでまだこのイメージを持たれている方が多いですが、セキュリティに関しては他と遜色はありません。


そのため、まだ大きな被害は出ておりませんが、iCloudを利用しているユーザーは念のためパスワードの変更と使いまわしには注意したほうが良いでしょう。




source:Gigazine
photo:Gigazine