近日中にリリース予定のポケモンGOですが、ポケモンGOのシステム上、ポケモンの卵をふ化させるには一定距離を移動する必要があります。


このGPSによって管理されている移動を不正ツールを一切使用せずに回避する方法がTwitterにて上げられ、おもしろいと話題になっています。


今回はお金すっからかんマン(あづれ)さん(@adure_)により公開された、GPS管理の移動を回避する方法をご紹介させていただきます。




ポケモンGOのGPS管理の移動を回避する方法

あまりにも斬新な方法が話題になっています。

長い前置きはさておき、早速見ていきましょう。



プラレール

Cm49ne9UIAIbtEf

大抵の方が「???」だと思います。

これは、アプリのポケモンGOでは時速10km以下ではないと卵がふ化しない仕様になっているため、プラレールにスマホを付けて走らせるという行動に出たものです。



なお、プラレールの製造元であるタカラトミーもこのようなツイートを残しております。



扇風機

Cm49nY2VMAEP323

こちらは万歩計と同じ原理で振れば移動距離が稼げるので扇風機に付けて振るというものです。

走らせるではなく、振ることでプラレールと同様の効果があるようです。




ポケモンDS版ではボタンの固定も方法あった

輪ゴム固定

Cm49nXBUsAQTtqE

ゲーム内で移動距離を稼ぐために棒状のものを輪ゴムで括り付けて固定させるというものです。



挟む

Cm49nbCUIAA2-e9

こちらもゲーム内で移動を稼ぐための方法として用いられています。





周囲の反応










source:お金すっからかんマン(あづれ)さん(@adure_)