mg4_02_s




待っていた人も多いと思いますが、ようやく本当の意味でのデュアルSIMが来ました。


同時待受可能なデュアルSIM仕様「Moto G4 Plus」が7月22日に発売されることになりました。


そこで、ここでは「Moto G4 Plus」のデュアルSIMの有効活用の方法についてお伝えさせていただきます。




「Moto G4 Plus」のデュアルSIM有効活用の方法

Moto G4 Plusには2枚のSIMカードが装着でき、LTEと3G、または3Gと3Gの同時待受が可能となっております。

確かにこれまでもデュアルSIM仕様のスマホはありましたが、待受可能なのは2枚のうち1枚だけというものでした。

スマホ側で切り替え作業が必要で、設定されたほうしか使えないというなんとも微妙なものでした。


日本では2Gのサービスを行っていないため、このようなことが起きてしまっていたのですが、ついに3Gに対応したデュアルSIM仕様「Moto G4 Plus」が誕生したことでこれまでの考え方から大きく変化が起きます。

ただし、注意点としては3G+3Gは可能ではあるものの、4G+4Gには対応しておりません。

また、2枚のSIMで同時に通信することもできないため、一方のSIMでデータ通信中にもう一方で通話をすると通話が優先され、データ通信が切れますので注意が必要です。

なお、通話は3GのみでVoLTEには対応しておりません。

Moto G4 Plusはあくまで3Gがメインの機種になります。


とはいえ、3GとLTEの同時待受に対応したMoto G4 Plusなら、通話用とデータ通信用のSIMカードを使い分けられるという大きなメリットがあります。

例を挙げますと、ドコモと格安SIMの同時待受が可能となるため、ドコモを「通話用」として、データ通信は安い格安SIMを「データ通信用」として端末を分ける必要がなくなります。


これまで格安SIMをモバイルWi-Fiルーターなどに挿してテザリングをして使っているような人にはぜひオススメしたい仕様です。




「Moto G4 Plus」のまとめ

ようやく登場した3G対応のデュアルSIMスマホは各地ですでに大きな話題を呼んでいます。


購入は7月22日よりAmazonや楽天ブックス、家電量販店から行える予定になっております。


価格は16GBモデルが3万2800円(税別)、32GBモデルが3万5800円(税別)となっており、コストパフォーマンスにも優れています。


普通にキャリアのデータ通信契約をしていたらと考えると余裕で元が取れる価格でしょう。


さらに利用価格を落としたいのであれば、ニーズにあった音声プランの格安SIMを用意することで解決もできます。


「Moto G4 Plus」の登場でいよいよ格安SIM業界も市場拡大が期待できるものとなりそうです。


これからも「Moto G4 Plus」のような機種の登場を期待したいところです。




source:ASCII
photo:ASCII