pokemon-go




ポケモンGOを用いた斬新なビジネススタイルが注目を集めています。


なんとポケモンGOにおいて設置した場所にポケモンを集める課金アイテム「ルアーモジュール」が飲食店の売り上げを急激に上げるという新しいビジネススタイルが誕生しております。


課金アイテム「ルアーモジュール」の設置にかかる費用は即座に回収できるのでビジネスとして成立しています。


ここでは具体的な内容をご紹介させていただきます。




ポケモンGOの課金アイテム「ルアーモジュール」を飲食店に設置するビジネスの詳細

071116pokemanpizza9matt_130085097
photo by new york post



ニューヨークにあるレストラン「L’inizio Pizza Bar」は、ポケモンGOの課金アイテム「ルアーモジュール」を店内に設置して集客を行ったところ大成功を収めたということです。


「ルアーモジュール」とは30分間ポケモンを出現させる課金アイテムでポケモンを捕獲したいポケモンGOのユーザーは自動的にポケモンのいる場所に引き寄せられるというものです。


10ドル(約100円)で販売されている「ルアーモジュール」を用いて集客を行ったところ、売り上げは75%増加となり大成功しました。



「ルアーモジュール」設置の注意点

この集客方法は全ての飲食店で利用できるわけではありません。

「ルアーモジュール」は、「ポケストップ」のある場所にしか使うことができないという制限があります。

そのため、「ポケストップ」が店内や近くにあることが条件になります。


ポケモンGOの開発元であるナイアンティック社は、近日中にポケストップのスポンサーメニューを発表する予定とのことです。




まとめ

他の誰もやっていない上に人気爆発中のポケモンGOだからこそ成功したビジネススタイルと言えるでしょう。


新しいマーケットはライバルがいないため、需要があれば全て独占することができます。


ライバルが増えれば増えるほど飽和され、後になればなるほど知名度を上げるのは大変になります。


日本ではWi-Fiが良い例ですね。


今やどこの飲食店でも当たり前になっており希少価値が全くなくなりましたが、設置当初はWi-Fiがあるからという理由で飲食店を選んでいた方も少なくありません。


今だからこそできるビジネルスタイルではありますが、多額の利益をもたらし、知名度を上げるには抜群の宣伝効果となる戦略でしょう


ここで上げた知名度を生かすも殺すも後はオーナーさん次第ということになります。


その後の営業戦略とどう結びつけるのかが課題になりますが、これ以上にない宣伝効果になることは間違いなさそうです。




source:BIGLOBE
photo:Game With