kindle-e1467041721146




Amazonが8月から開始する予定になっている電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」に、出版大手の小学館や講談社が参加することになりました。


Amazonの「Kindle Unlimited」は基本的には書籍やコミックの旧作が中心ですが、新作や人気作も含まれる見通しです。




Amazonの「Kindle Unlimited」とは

わずか月額980円で利用できるほか、専用端末Kindleだけではなく、iPhoneやiPadといったスマートフォンやタブレットでも利用可能とのことです。


参加が確定となった小学館や講談社の提供内容の詳細は明らかになっていませんが、「Kindle Unlimited」は読み放題サービスで多い雑誌中心の展開ではなく、書籍やコミックを中心にしたものと見られています。


なお、小学館や講談社の参加を報じた日本経済新聞によると、KADOKAWAは検討中、集英社は見送るとしています。




まとめ

本屋との関係もあり、なかなか進展が見られなかった日本の電子書籍市場ですが、Amazonという大きなブランドの参加によって大きな成長拡大が期待できそうです。


逆にこれからは町の本屋さんのあり方も検討する必要がありそうです。




source:日本経済新聞
photo:amazon