ワイモバイルと外務省は連携をして海外渡航を安全に行っていただけるようにサポートをする「たびレジ」サービスを開始しました。


ここでは、はじめての試みとなる「たびレジ」について詳しくご紹介させていただきます。




ワイモバイルと総務省が連携した「たびレジ」の詳細

たびレジとは、海外旅行や海外出張など、海外に渡航される方が旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の安全情報や緊急時の場合においてもすぐに連絡メールや、いざという時の緊急連絡などが受け取れるサービスです。


また、たびレジ登録をして無事に帰国してから1ヶ月後にはすべての個人情報が削除されますのでセキュリティ面においても安心できます。



たびレジの登録方法

たびレジの専用サイトが設けられております。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/


たびレジのサイトにアクセスすると、新規登録のボタンが大きく出てきますので、そちらをクリックして案内に従っていくと登録が完了します。


行う手順もショッピングサイトなどで登録する情報に加えて渡航先を入力するくらいですので、それほど手間もかかりません。




まとめ

近年、携帯会社は時代の進展に添っていく上で自社だけの開発には限界を感じるコメントが目立っており、他法人との連携を強化する動きが見られます。


今回の外務省との連携もその一環と思われますが、こうした利用者の安全を第一に考えられたサービスはメリットはあってもデメリットはありませんので、何が起こるかわからない海外へ渡航される方にはぜひお勧めさせていただきます。




source:たびレジ