唐突ですが、あなたはiPhoneとiTunesのリセットの違いをご存知ですか?


これを知っているのと知らないのとでは、不具合が発生したときの解決方法に大きく関わります。


では、iPhoneとiTunesではどんな違いがあるのか見ていきましょう。




iPhoneとiTunesのリセットの違い

iphone_reset


iPhoneに不具合が発生したときに何かと便利なリセットですが、iOSそのものが原因の場合はiPhoneのリセットでは解決しません。


ここがiTunesとの大きな違いですが、iPhoneの「すべてのコンテンツと設定を消去」は一見すると完全なリセットに見えますが、iOSの基盤となる部分のリセットは行われておらず、項目名の通り、アプリなどのコンテンツと設定を削除しているだけに過ぎません。


つまり、アプリに問題がある場合はiPhoneの「すべてのコンテンツと設定を消去」で解決しますが、iOSそのものに原因がある場合は改善されずにイタズラに初期化を行うことになってしまうのです。


iPhoneからのリセットの場合はiOSはそのままになるのでiOSのバージョンがそのままになるという特徴もあります。

iTunesのリセットはiOSも再ダウンロードがされるため、最新バージョンが適用されます。

iOSの不具合対処はiTunesからのリセットが基本

iTunes_reset


以上の理由から原因がわからない場合のリセットは基本的にはiTunesからリセットを行うほうが確実です。

iTunesのリセットはiPhoneの大元となるiOSのリセットも行うため、ソフトウェアに問題がある場合は改善が期待できます。


強いてデメリットを挙げるのであれば、インターネット環境が整ったパソコンが必要になるというくらいです。


ここでも改善が見られないようであればハードウェア、つまり故障の可能性も視野に入れる必要が出てきます。



iTunesからリセットをしても直らない場合

もし、iTunesからリセットをしても直らない場合は、故障の可能性が出てきます。


そうなるともう出来ることはありませんので、素直にアップルストアかアップル正規サービスプロバイダに持って行きましょう。


また、ご自宅にインターネット環境もなく、パソコンもない方も同様に近くのアップルストアかアップル正規サービスプロバイダに行かれることをお勧めします。


近くにアップルストアがなくても、ビックカメラやカメラのキタムラでも対応している店舗があるため、意外と身近にあったりします。


アップルのサイトから調べることができますので、こちらを参照してください。

https://locate.apple.com/jp/ja/



アップルストアかアップル正規サービスプロバイダの注意点

とにかく混んでます。

冗談にならないほど、混んでます。


当日行って見てもらうという安易な考えは改める必要があります。

必ず予約をしてから行きましょう。


アップル修理店舗の予約方法

予約方法は次の手順で行います。


1.こちらから住所を入力して店舗の検索します。
GoogleやYahoo!から「アップル プロバイダ」と検索しても一番上に出てきます。

https://locate.apple.com/jp/ja/

iPhone



2.左の検索結果より都合の良い店舗を選択します。

iphone02



3.「webサイト」をクリックします。

iphone03



4.「修理はこちら」をクリックします。

iphone04



5.「iPhone修理を予約」をクリックします。

iphone05



6.予約前の注意事項によく目を通して予約を完了させます。



修理前の注意事項

注意事項は大きく分けて2つあります。


1つ目は、「iPhoneを探す」がオフになっていないと修理ができないため、余計な時間と手間がかかることになりますので、必ず設定の確認はしておきましょ。


2つ目は、SIMカードやアクセサリーの外し忘れがあっても絶対に返品されないので、必ず外しておくようにしましょう。

特にSIMカードの抜き忘れで後日キャリアに3,000円(税別)の手数料を支払って再発行をしたという事例がよくTwitterやFacebookで上がっています。




まとめ

基本的にはiTunesでリセットをしてみてそれでも直らなければ修理の依頼という流れになります。


Appleはよくサイトデザインを変更するので、スクリーンショットは2016年8月現在のものとして割り切っていただけると幸いです。


変更されていても、基本的な手順はそう変わりないと思いますので臨機応変にお願いします。


毎日利用しているiPhoneがトラブルに見舞われるとあせってしまうと思いますが、できることはリセットと修理の依頼くらいですので落ち着いて行いましょう。