通常App StoreやiTunesなどからコンテンツをダウンロードされる際に必要になるものは「Apple ID」「パスワード」です。


しかし、Appleはセキュリティの部分が年々厳しくなっており、今では有料コンテンツのダウンロードにはApple IDとパスワードと、さらに「セキュリティ質問」が必要になっています。


このページにたどり着いた方はまさに今お困りのところかもしれませんが、このセキュリティ質問は出番がないため忘れてしまうことが非常に多いのです。


そこで、セキュリティ質問を忘れてしまってApp StoreやiTunesなどから有料コンテンツをダウンロードできないときに行う対処方法をご紹介させていただきます。




App StoreやiTunesなどから有料コンテンツをダウンロードできない時の対処方法

結論からお伝えしますと、セキュリティ質問のリセットを行うことでこの問題は解決します。

しかも、このセキュリティ質問のリセットは2016年からユーザーが自分で行えるようになったのでわざわざAppleに問い合わせをする必要がなくなりました。


せっかくこのページにたどり着いた方のために、ここでは最短で解決できる方法をご紹介させていただきます。

それではお困りの方にこれ以上長い前置きはせずに、解決までの手順に移りましょう。



セキュリティ質問のリセット方法

1.iForgotへアクセスします。

https://iforgot.apple.com/


2.「始めに Apple ID を入力してください。」というところに「Apple ID」のメールアドレスを入力して「続ける」をクリックします。

iPhoneからアクセスしている方は上部の「サインインできませんか?」の右隣に「次へ」があります。


3.「セキュリティ質問をリセット」を選択してPCの方は「続ける」、iPhoneの方は「次へ」をクリックします。


4.Apple IDのパスワードを入力してPCの方は「続ける」、iPhoneの方は「次へ」をクリックします。


5.「確認コードを取得」を選択してPCの方は「続ける」、iPhoneの方は「次へ」をクリックします。


6.登録済みのメールアドレスに数字6桁の確認コードがメールで届くので確認して確認コードの入力を行い、PCの方は「続ける」、iPhoneの方は「次へ」をクリックします。


7.リセットが完了してセキュリティ質問と答えを入力する画面になったら新たにセキュリティ質問を設定することで完了します。




まとめ

無事解決できた方はおめでとうございます!


ユーザー自身がリセットを行えるようになったことでこの問題の解決も非常に簡単なものになりました。


忘れてしまった上にどうしたら良いのかわからないとすごくあせってしまいますよね。


この記事の情報が困っている方のお役に立てれば幸いです。