sumaho_wareta




長い間固定され続けていた、iPhoneの保証サービスであるApple Care+の画面割れやその他の修理金額が改定されました。


誤解がないように冒頭でお伝え致しますが、2016年9月6日以前にiPhoneの保証に加入されている方はこれまで通りの修理金額が適用されますので、今回の改定は全く影響を受けません。


もちろん、次回機種変更などで再度加入する際は改定後の価格が適用されますので、その時に今一度確認をする程度で十分な内容です。


それでは、ここではiPhoneの修理金額がどのように変わったのか、具体的なところを見ていきましょう。




iPhoneの保証、Apple Care+の修理金額変更の詳細

各項目別に見ていきましょう。


Apple Care+の修理金額変更の適用時期

2016年9月7日以降にiPhoneを購入し、保証サービスApple Care+に加入した方が対象です。

20016年9月6日以前に加入をしていた方はこれまで通りの修理金額が適用されます。



9月7日以降のApple Care+適用の修理金額

9月7日以降からの大きな違いは修理項目に画面割れという項目が追加されました。

具体的な内容は次の通りです。


・画面のみの破損:3,400円(税別)
・その他の破損:11,800円(税別)
・バッテリー交換:0円


画面割れの修理金額が大幅に安くなりました。

iPhoneの修理は大半が画面割れと言われているのでこれは嬉しい改定ですね。


ただし、気をつけなければならない点は、画面割れ以外にへこみなどによる修理項目が存在した場合は11,800円(税別)のほうが適用されます。


また、どちらが適用されるかという問題は、店舗に持ち込まなければその場では判断がされず、電話サポートで修理を依頼した場合は後日11,800円(税別)が適用される場合もあるので、画面割れ以外に心当たりがある場合は必ず店舗に持ち込み、修理金額をしっかりと把握した上で修理を行いましょう。


さらに、ここで気になるのは保証に加入していなかった場合の修理金額になると思います。

参考になると思いますので次の項目では保証なしの修理金額も掲載させていただきます。



9月7日以降の保証なしの修理金額

ここでは、iPhone7を前提に修理金額を算出させていただきます。

各シリーズごとに、その他の破損の修理金額が微妙に異なるのでiPhone7以外の方は参考程度にしてください。

iPhone7より前のiPhoneであれば、iPhone7より高くなることはありません。


なお、iPhone7 Plusは保証なしの場合、別料金が設定されていますので別々に記載致します。

iPhone7の修理金額

・画面のみの破損:12,800円(税別)
・その他の破損:32,000円(税別)
・バッテリー交換:7,800 円 (税別)


iPhone7 Plusの修理金額

・画面のみの破損:14,800円(税別)
・その他の破損:34,800円(税別)
・バッテリー交換:7,800 円 (税別)



基本的な考え方は保証ありと同じです。

画面割れ以外のものがあった場合は「その他の破損」が適用されます。


画面割れだけならApple Care+の加入料金14,800円の支払いがないことを考えると保証なしのほうがお得ですが、画面割れ以外のことが起こった場合は保証なしでは目も当てられません。

さらに、画面割れも2回してしまうとさすがに保証ありのほうがお得になってきます。




Apple Care+の保証まとめ

最後のほうで損得の話を織り込んでしまいましたが、どこまでいっても「保証」ですから損得で考えるよりも安心をお金で買うとイメージしたほうが、加入するかどうか判断するのが楽になると思います。


また、意外と知らない方が多いようですが、Apple Care+には電話サポートも含まれているため、iPhoneの使い方がわからない時に気軽に聞ける相手が欲しい方にもApple Care+は重宝します。


このページにたどり着くような方であればトラブルがあってもネットを駆使して自力で問題解決されていると思いますが、Apple Care+に未加入の場合は問い合わせの内容によっては有償サポートになりますのでその点はお気を付けください。


こうした点においても、Apple Care+の保証は安心を購入するサービスと言えるでしょう。




source:Appleサポート