ソフトバンクユーザーに取っては朗報です!


これまでiPhoneやiPadが故障するとAppleの店舗か配送サービスを利用するしか手段がありませんでしたが、この悩みの種が解消されそうです。


本日10月2日よりソフトバンクが全国各地の一部店舗にてiPhone/iPad 修理取次サービスを開始しました。


今回お届けする内容はソフトバンクユーザーに限ったお話となりますが、ソフトバンクが先陣を切ったことで各社も追っていく流れとなることでしょう。





ソフトバンクがiPhone/iPadの修理取次サービスを開始

サービス開始時期

既に開始されております。

対象店舗では既にサービスが開始されており、対応可能になっております。



対象のソフトバンク店舗

対象のソフトバンク店舗は日々拡大中のようです。

対象店舗はソフトバンクのWEBサイトにてご確認いただけます。



持ち込む前の準備

各店舗細かい違いはありますが、持ち込む前に必ず必要となる準備があります。

これはAppleに依頼してもソフトバンクに依頼しても共通の内容です。


バックアップを作成する

修理となると本体が交換となるケースも多くあります。

そのため、修理依頼の前には必ずバックアップを取るようにしましょう。

iPhoneやiPadの場合、バックアップ方法はiCloudとiTunesの2択があります。

PCをお持ちの方は容量に左右されにくiTunesのほうが間違いないことでしょう。


iPhoneを探す/iPadを探すをオフにする

これくらいと思われがちですが、こちらもオフにしておかないと修理を受け付けてもらえません。

これもソフトバンクだからではなく、Appleであっても共通です。

システムの問題で受け付けられないようなので、ごねても無駄です。


なお、iPhoneを探す/iPadを探すをオフにする際は、Apple IDのパスワードが必要となります。

忘れてしまっている場合はApple ID管理のWEBサイトよりリセットが必要となります。



修理不可条件

Appleが公式発表を行った交換/リペアエクステンションプログラムの対象製品は修理不可となります。

こちらはAppleのWEBサイトよりご確認いただけます。




まとめ

これまでApple製品といえば、修理も問い合わせもAppleしか駄目という風習が強かったですが、ようやくユーザーにとって良い方向へと環境が変化してきた印象です。


もし、ドコモとauがこのソフトバンク修理取次サービスを放置した場合は、ソフトバンクのiPhoneやiPadはソフトバンクで対応可能であるという口コミが広がるので各社も対応せざるを得ないでしょう。


これはユーザーにとっては非常に良い傾向です。


Appleにもカメラのキタムラやビックカメラというサービスプロバイダーはあるものの、全国規模で考えるとまだ中規模と言わざるを得なく、iPhoneを買ったが修理に苦労したという声が後を絶ちません。


こうした声が今後は減っていくことを切に願います。




source:Softbank