iOS11ネット制限




iOS11にしてからインターネットの通信制限にかかってしまう方が各所で続出しているようです。


iOS11が配信されてからiCloudフォトライブラリがモバイルデータ回線で通信されるようになっていることは、ご存知の方も多いことでしょう。


しかし、問題はそれだけに止まりません。


iCloudフォトライブラリ関連でもう1つ問題を確認しましたので、情報共有をさせていただきたいと思います。




iPhoneをiOS11にしてからネット制限にかかってしまう理由

冒頭でお伝えしましたが、iCloudフォトライブラリやミュージックがモバイルデータ回線で通信されるようになったことが大きな理由です。

回線の使用量や使用頻度で言えば、圧倒的にiCloudフォトライブラリのほうが多いと思われるので、ここではiCloudフォトライブラリに焦点を当ててお伝えしていきます。


iCloudフォトライブラリとは?

iPhoneで撮影した写真をiCloudというインターネット上にある倉庫に保存するというものです。

インターネット上の倉庫に保存するので、当然ここでインターネット回線が使われるわけです。

iOS11になるまでは、Wi-Fiがなければ接続できなかったのですが、これがiOS11からモバイルデータ回線でも保存できるようになったのが大きく関わっております。



iCloudフォトライブラリの設定

もちろんiCloudフォトライブラリそのものを利用しないというのも選択肢の1つです。

しかし、それではiCloudフォトライブラリを使っている方にとっては解決策とは言えません。

次の手順で従来通りにWi-Fi接続時にしか通信できないように変更することは可能です。


1.設定

2.写真

3.モバイルデータ通信

4.モバイルデータ通信をオフにする


Wi-Fiとモバイルデータ通信が両方オンの場合に優先されるのは?

上記、設定の写真でモバイルデータ通信がオンになっている場合にWi-Fi接続がされていればWi-Fiが優先されます。

この条件であれば、一見するとWi-Fiが常時接続されているなら設定変更をする理由はないように見受けられますが、ここからが今回記事にさせていただきました本質になっていきます。


写真のモバイルデータ通信がオンになっていた場合の注意点

上記の通り、Wi-FiがつながっていればWi-Fiが優先されますが、何らかの理由で切断されていた場合はもちろんモバイルデータ通信でiCloudと同期を始めます。

そして、その対策として同設定内に「アップデートの制限なし」という設定もあり、ここがオフになっている限りはパケットで言うところ50MB程度通信がされたところで自動で一時停止されます。


50MB程度なら、と多くの方が感じられることでしょう。

しかし、問題はここからです。


自動停止された場合は充電されると、なんと再開されるのです。


ここで連想される方もいらっしゃることかと思いますが、1つありそうな例え話でお伝えします。

旅行先でビデオや写真を大量に撮影したとします。

そしてその後、iPhoneをたくさん使ったのでご飯の間に充電して放置してしまいますと、その充電中に大量に撮影されたビデオや写真たちはモバイルデータ通信でiCloudと通信してしまうというわけです。


旅行先ですとWi-Fiがあったとしても普段利用しないWi-Fiのため、パスワードを確認して設定しないといけないので手間で設定しないということもあるでしょう。

もしくは、そもそもWi-Fiが存在しないということも考えられます。


上記の理由から設定の写真内にあるモバイルデータ通信は仮に常にWi-Fi利用をしていようともオフにしておくことをお勧め致します。




iPhoneをiOS11にしてからネット制限にかかってしまう理由のまとめ

とんでもない設定であると言わざるを得ませんが、設定変更できるようになっていることやWi-Fiが優先されるようになっていることから、仮に事故が起こってしまっても誰にも責任を取らせることはできないでしょう。


むしろ、原理を理解できずに使っているほうが悪いと言われてしまえばそれまでです。


iOS11になるまでは、「Wi-Fiがないと通信できないなんて駄目だ!」、「Wi-FiがないからiCloudフォトライブラリに写真が保存されておらずデータが全て消えた!」と各所で言われておりましたが、Wi-Fi以外で通信できるようになったらなったで苦情は出ることでしょう。


結局のところ両立は無理な話なんです。


今回の記事をご覧になった方は悪印象を覚えてしまうことかと思いますが、最近は大容量のパケットプランもあるので原理を把握していれば使い分けができるのでこの設定自体は決して悪いものではありません。


使ってしまったものは取り返せませんが、次月からぜひご活用をしてみてください。